タグ別アーカイブ: 天鳳

【天鳳戦術】チャンタの手作りとチャンタ仕掛けの読み方を考える【過去掲載分】



赤の入っている現代麻雀では軽視されがちな「チャンタ」。赤こそ使えないものの、ちょっともう1翻つけたいな、なんて時や、バラバラの手からなんとかアガリ切るときなど重宝する。

広告


たとえばこれは〓いちはら〓さんの手。北ポン→中ポンの棒テンコースなら2000点~2600点といったところだが、

ちょっと遠回りしてチャンタをつけて、1300/2600のアガリ。この打点差はかなり大きい。途中で役牌が重なれば満貫まであった。

こちらはゆいちゃんのパパさんのチャンタ。ドラ3ながらバラバラの手牌。鳴いて手を進められることを重視し、中張牌バラ切りでチャンタに寄せることで・・・

なんとかこんなテンパイに持ち込み、アガリをもぎ取りに行く。

うまく使えるとちょっと幅が広がるチャンタ。そんなチャンタについて、その作り方と、チャンタ仕掛けの読み方を考えていこう。

 

①チャンタの手作り:字牌より2378を残せ!

 

こちらは天鳳位・ウルトラ立直さんのチャンタ作り。
この手牌、7sや8mに手がかかる人もいるが、守備力等のことはとりあえず置いておいて、チャンタの棒テンならば打白だ。白切りのロスは白の3枚だけだが、7sを切った場合には89sの8枚がロスになる。この差はとても大きい。打点面に関しても、白ポンの1翻は、純チャンになる1翻とイーブン。受け気味のチャンタならともかく、アガリたいのなら打白とするべきだろう。

ただ、当然ながらいつも字<2378の優先順位で残せばいい、というわけではない。
今回は雀頭があるから2378を残すことになるが、もしこれが

こんな雀頭のない手だった場合には、8mなり7sなりを切って、孤立の白を残す。8mや7sの横伸びではシャンテン数が進まずグダグダになるだけだが、白の縦引きならピシッと形の決まったイーシャンテンになる。

 

広告


②チャンタ仕掛けの読み方:チャンタはかなり読みやすい!

チャンタに使うことができる牌の種類は、タンヤオより多い。タンヤオに使える牌の種類が21種(各色の2~8)なのに対して、チャンタに使える牌の数は25種(1~3,7~9、字牌)だ。

種類が多ければバリエーションが増え、読みづらくなる・・・かと言えばそんなことはない。むしろ、ポン、ポンで仕掛けられたタンヤオよりもよっぽど読みやすいといえる。

すでに仕掛けているところのブロックはほぼ通る

字牌はとりあえず置いておくとして、純チャンの場合で考えてみよう。

純チャンの5ブロックを作ろうとした場合、

マンズの下(123) マンズの上(789)

ピンズの下(123) ピンズの上(789)

ソーズの下(123) ソーズの上(789)

の6箇所から5ブロックを作り出すことになる。が、基本的に、一度仕掛けている箇所については、そうそう待ちにならないと考えてよい。例えば・・・

こんな仕掛けが入ったときは、789s、123pはほぼ通ると考えて良い。

ピンズはラスト一枚の1pを持っていなければカン2pやペン3p待ちにはならず、また1123pから1pポンして1pの片アガリになるというのは考えづらい。

ソーズについては、7889sから9sを仕掛けてペン7sが残っていたり、なんてパターンはあるにはある。が、レアケースとはいかないまでも頻度はかなり低いので、789sもほぼ通ると考えて良いだろう。9sだけは単騎やシャンポンもあって少し危険度が上がるか。

 

序盤に19を切っているブロックはほぼ通る

チャンタ仕掛けが早めに1や9を切っている場合、その部分の123,789は通ると見て良いだろう。

例えばこんな捨て牌でこんな仕掛けの場合。

今7mチーして発が出てきたところ。その前の手出しツモ切りは、とりあえずあまり考えなくて良し。

この場合、1mが早めに切られているというだけで、23mがかなり通しやすくなる。

2mが刺さるならカン2m、3mが刺さるならペン3m。だがそれらに刺さるとしたら、113mから1切ってカン2m固定、もしくは112から1切ってペン3m固定していることになる。これはかなり考えづらいところだ。

となると、「一度仕掛けたところは待ちになりづらい」の法則と合わせて、123s、79pと字牌以外は、ほぼ通ると考えて間違いないだろう。逆に言えば、当たる牌が限定されている分、123s79pと字牌は、相当危険度が高いと考えてよい。中盤にもなれば枯れている字牌もいくつかあるだろうから尚更だ。


 

広告


【天鳳戦術】強者達のウルトラ空切りテクニック



麻雀ランキング




今回扱うのは「空切り」について。

念のため説明しておくと、空切りとは「ツモった牌と同じ牌を手の内から切る」こと。
下手な空切りは手牌が透けるだけだが、上手く使えれば非常に有効な迷彩になるこのテク。強者達の牌譜からそのテクニックを学んでいこう。

空切りテク①オリた風を装う(基本編)

これは空切りのテクニックの中でも一番オーソドックスなパターンだろう。他家リーチの現物待ちでテンパイしている時など、他家の安全牌を持ってきた場合、ツモ切りではなく同じ牌を手出しすることで、オリたように見せかけ、当たり牌をつり出す。

実戦でも良く見かける、有効に使えるテクニックだが、タイトル戦の決勝で、ため息をつきながら3sを空切りした場合などは、失格処分が言い渡されることもあるため注意が必要。チャンタ三色ドラドラなんてあがれてしまったら尚更だ。何のことですか?わかりません。

こちらは太くないおさん。対面の仕掛けに対し、全員が慎重になりつつある局面でのダマ満貫テンパイ。

ここからは7sを空切り。対面の現物を手出しし、オリている風を装うことで、自分へのケアを弱め、対面の現物4mが場に放たれるのをじっと待つ。

 

空切りテク②またぎの待ちをぼかすための空切り(基本編)

これを語る前の前提として、「トイツ落としした牌のまたぎの両面待ちになることは(空切りが絡まなければ)ほぼない」ということが言える。

例えば3mをトイツ落としした場合には、そのまたぎである14m、25mが待ちになることはほぼない。14m待ちであれば2333mから、25m待ちであれば3334mからそれぞれ3mを2枚切ったことになるため、不自然だろう。

それを踏まえてたとえばこんな手。

ドラはなし。完全イーシャンテンで、3sを切ったとしよう。

しかし即座に裏目、3sを引いてきてしまいテンパイ逃し。こんな時は、ぼーっと3sをツモ切りしてはいけない。ため息をつきながら3sを空切りするのが定石だ。

3sを河に二枚手出しで切ることにより、他家からはトイツ落としをしたように見える。となれば、マンズが埋まってテンパイした時に、25sが絶好の待ちになる。

広告


空切りテク③またぎの待ちをぼかすための空切り(応用編)

太くないおさん。25m待ちだが、前巡に3mを切っている。ここは3mを空切りするかと思ったが・・・

ところがどっこい、ここは3mツモ切りとした。この場合、3m空切りで25mを釣り出しーーーーと考えるのは浅はかなのかもしれない。
2pポン打東でテンパイだったのだが、他家から見ても打東でテンパイしたのが濃厚だろう。そうなると、2枚目の3mを手出しすると、ちょっと空切りの臭いがしてしまうかもしれないと見て、3mツモ切り。
確かに、打東からの単純3mトイツ落としは不自然に見える。ピンズはさばけているし、あるとすれば2233mから3mトイツ落としで2mと2s、3sあたりのシャンポンとか?うーん、やっぱり2mが待ちに絡んでるやんけ。却下。というわけでツモ切り。

 

こちらは「iq180真剣様」の牌譜より。ドラの南をポンして目立っている局面。前順に3pを切っているところにまた3pを持ってきた。

これをなんと空切り。中張牌のトイツ落としは非常に目立つところ。ピンズは完成しているため、3pまたぎが通りやすくなってしまうリスクが大きく見える。一見して、何してんだ?と思った。ところがこれには深~い意図があった。

2mを引いてテンパイしたあと・・・

1pを引いてこう。高目三色のテンパイだ。ピンズは場に安くて、アガリやすそうなところで、迷彩もバッチリ。この最終形を考えての3p空切りだった。

上の画像は1pを引いた形だが、4pを引いた場合についても考えてみよう。

(※画像は合成です)

これだと、完全に盲点になっている1pが、三色の高目となっている。3pがトイツ落としに見えるかどうかで高目の1pの出やすさが変わってくる。これには感心した。すごいわこれ。

これは太くないおさん。7mをツモって7m空切り。前巡、三色決め打ちの5sを切っているが、5sを切った後手出しが多いほうが、筋引っ掛けの効果は大きくなるだろう。

空切りテク④偽りの両面落とし

これはいい牌譜が見当たらなかったのだが、昔某十段とセットした時、見事にやられたのを強烈に覚えている。

十段がドラの白をポンして2フーロ。

5s切りの次巡、小考して6sが手から出てきた。テンパイ濃厚だ。

捨て牌は下記の感じ。

(6sは手出し)

数巡後、自分は面前で役なしのカン7pテンパイ。出て行く牌は筋の3m。あまり無理する点棒状況でもなかったが、47sが薄いわけでもないし、56sの両面を落としているなら筋は通るだろう、と踏み、ぼんやりと3mを切ってテンパイを取ると、十段から「ロン」の声が。

手牌を見た瞬間に「やられた!」と思った。
6sは明らかに空切りだ。待ちの3mは筋にかかっているが、ドラポンに対して筋の3mなんてそうそう出てくる牌ではない。ならば、両面ターツ落としに見せかけ、最終形も両面以上の待ちであることを匂わせる。これであれば筋の信頼度が上がり、3mが切られやすくなるだろう。

十段はドヤ顔もせず、淡々と満貫申告をしてきた。これはこれでうざい。私は満貫の授業料を払って、もう引っかかんねーぞと心に誓った。まだまだヒヨッコですなw


空切りに関しては、「自分の捨て牌」という数値化できない、セオリー化しずらい部分のため、まだまだ世に知られていないテクニックがいっぱいあるんじゃないかと勝手に思っている。「こんな空切りしたったぜ!!」みたいなドヤ顔の牌譜があれば、是非コメント欄でもツイッターでも送ってください。

追記

確かにそのパターンありましたね。

先日十段になられた信濃の荒法師さん(そのうち記事にする予定)の牌譜より。この場合は面前手で、特に注目を浴びていないので多少効果は薄れるものの、9s空切りで6sとのスライドに見せる。
789sと持っているところに6sを引いてきて9sを切ったのならば、36s待ちは否定される。45789sに6を引いてきても9sは切らないからだ。マンズ埋まってリーチならば、他家から見て36sはかなり打ちやすい牌になる。もちろん、しっかりと手出しを見ていれば、の話だが。

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告