天鳳強者研究31:gousiさん(天鳳位) 競技打法を天鳳にアジャストさせた新天鳳位!


麻雀ランキング

2018年9月9日、天鳳TLが湧いた。
実に2年ぶりにヨンマ天鳳位が誕生したのだ。

天鳳ID「gousi」さん。連盟プロとして活動を行う傍ら密かに天鳳を打ち続け、ついに頂点にたどり着いた。天鳳位に到達してからプロ入りしたASAPINさん、すずめクレイジーさんを除き、麻雀プロとして初の快挙である。おめでとうございます。

さて、天鳳位が生まれたとなると、鳳南研究所としても放っておくわけにはいかない。実に半年ぶりに、ブログに記事を書くことにした。




gousiさんの牌譜を見た印象。競技麻雀打ちの強さと天鳳打ちの強さの両方を兼ね備えているな、という印象。

競技麻雀打ちの強みは、ズバリ「手牌の安定感」「場況対応力」じゃないだろうか。競技麻雀では周りの好形率が高いため、自分も好形を作っていかないとめくり合いで不利になりやすい。また高打点に寄せる手組みも多くなるため、終盤に手詰まらないようにするための工夫が必要になってくる。

逆に天鳳打ちの強みは、「貪欲にアガリに向かう姿勢」である。受け入れを狭めず、遠い仕掛けなども駆使しながら、先手ならば自分の和了率をギリギリまで上げに行く。これが天鳳打ちのいいところだ。

gousiさんはある意味で相反するこの二つの「強み」を融合させ、それをうまく天鳳というフィールドに適応させている。牌譜を見ながらそんな印象を受けた。


オーラス2着目で、できるだけリーチを打ちたくない局面。この1m切りは、天鳳のオーラスのお手本のような一打だ。3pを残すことでタンヤオ変化、好形(≒平和)変化を残す。先に引いたところで立直を打てない2m受けを残す意味合いは薄い。、

 


うっかり切りたくなる8pだが、これは残しておかなければいけない牌だ。7pを引いた時の形が段違いで、8pを切っていた時には
345m3556667p23s北 というネックの形が残るイーシャンテンとなるが、8pを残した場合には
345m35566678p23s という好形確定のイーシャンテンとなる。今回で言うと自分が段トップ目であり、8pが親の現物であることも大きい。

このチーは面白い。

面前でのタンヤオ、平和、三色、ドラ引きがあるため、一見して平均打点の下がり幅が大きく、チーしづらい牌ではある。が、実際のところこの2sをスルーした場合には、残り2枚の5pを引かなければ三色にはならず、実はかなりなりづらい。親が両面ターツを落としており早そうなことを考慮すれば、名残惜しいがここでチーテンを取ってしまう方が有利になりそう、という思考であろう。何せ、この点棒状況では親リーを受けるとかなり押しづらい。仕掛けても高目三色のため打点はそこそこ。

赤5s引きを活かすためチーではなくポンという手もあるが、念のためラス目の現物を残したというところであろう。

その次局。このピンフドラ1をダマテンとした。巡目が遅く、後々の対応力に自信がなければ、リーチとしてしまった方がわかりやすいだろう。しかしラス目が離れている状況で、どこから追っかけが来てもおかしくないため無理せずダマとした。この辺りは競技麻雀的な安定感の取り方である。


こちらは下家の仕掛けとの兼ね合い。5pを残せば25p引きでのタンヤオ変化があり、満貫になる可能性も出てくるが先に5p切りとし、発を絞った。下家はタンヤオというよりもバックやトイトイなことが多そうなため、5pよりも発を絞っておこうという意図であろう。


あっさり2巡でツモアガリ。優勝者のツモだ。

広告



東発の親番。ポンテンが取れる1pだが1枚だけ?スルー。

愚形愚形のイーシャンテン。だがマンズが4連形含みで変化が多く、ピンズの37引き、ソーズでの両面変化と、三つの色のどこでも好形を作れる余地がある。東発の親番なら、もうちょっとだけ大振りしてみよう、というところであろう。リーヅモ中でもいいし、ドラ引きも三色もある。


これがうまくハマって3900オール。完全に良いアガリだ。


東バックで5800になる赤5sはチーして・・・

 

次巡出てくる3sも当然チーして・・・


8m切りですよね。

上家は1副露とはいえ赤5sまで切ってきていてテンパイ率は結構高そうである。自分の河も上家の河も煮詰まって見えるこの状況では、あまり東の出は期待できない。見た目以上に和了率が低く、そんなイーシャンテンで上家にドラを切っている場合ではない。

 


こちらも良い一打。西家や北家は変則手の感があり、将来的な安全度は2m>西となりそうだ。またマンズが非常に安いため2m縦引きの変化にもかなり期待でき、3m引きのマンズ二度受けでも十分嬉しいところだろう。

この3sは上家への先切り。ここが3sを切れるギリギリのタイミングだろう。


オーラス。ここは少し捻って2s切りとした。ペン3sがかなり強そうに見えるため、1枚切れの2sを切ってペン3sに固定。トップまで6900点差、できればこの一局で終わらせてしまいたいため、ドラ受けの5pを残す。これはなかなかマネできない。


トップ目の南3局。西は自風。この2pは当然ポンして前進していくが・・・。


なんと6p切りである。
西のみで一局つぶしても良いが、ここはトイトイで勝負を決めにいくコースまで見た一打とした。東ポン打8sでの3p単騎は結構盲点になりやすいところである。

現状2着目と6300点差だが、それだけではなく3着目、4着目の点数も関係してきているだろう。2着目の下家は現状ラスが遠く離れているため、ここで自分が1300を和了った場合、オーラスはゆっくり満貫を作りに来ることが予想される。3,4着目がもう少し近ければ3p切りとしたかもしれないが、下家が余裕のある状況でこの巡目ならば、6p切りで決めに行くというのは面白い。工夫してるなあ。

こちら南3局のトップ目、役なし36mテンパイ。リーチを打つと親もオリに回りそうだし普通はリーチを打つところだが、ここはダマテンとした。36mあがれなさそうすぎワロタダマ、といったところだろうか。それとも誰かの捨て牌に何かを感じたのだろうか。


こんな感じである。全体的に工夫が多く見られ、見ごたえのある牌譜だった。いつかプロの大舞台で、すずめクレイジーさんとgousiさんが対決する日を期待しています!

 

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告



【戦術】「アンカン祝儀の店」(さん・ブル・リオ)での戦い方



麻雀ランキング




※「鳳南研究所ウォッチ版」好評連載中です!

「鳳南研究所ウォッチ版」は、3月以降火・木・日曜日のみの更新としてます。
今日は記事お休み。ということで、大人の事情で「ウォッチ版」の方には載せられなかった記事を、ブログの方にアップしますw

 

「アンカン祝儀の店」というのをご存知だろうか。

さんグループの雀荘・麻雀店:Tokushuses Chain Tempo [麻雀王国]

この店の祝儀は5000点相当。局の途中でアンカンすると、祝儀1枚オールがもらえる。
さらに3pをアンカンすると、祝儀1枚オール+3000点オールだ。

他の雀荘では中々見かけない、かなり独特なルールだ。今回は、このルールの戦い方について書いていこうと思う。

①ルール

・ウマは1-3の東南戦。祝儀は5000点相当。

・赤5は入っていないが、代わりに赤3p(ドラ扱い)、スーパー3p(ドラ扱い+面前なら祝儀が付く)が1枚ずつ入っている。
面前でのスーパー3p、一発、裏にそれぞれ祝儀が付く。


・アンカンした場合には祝儀1枚オールとなる。3pのアンカンをした場合には、祝儀1枚+3000点オールだ。

・形式テンパイなし。面前でのテンパイは全てテンパイ扱いとなるが、鳴いている場合には役牌なりタンヤオなりの役がついていないとテンパイ扱いにはならない。

主なルールはこんなところだろうか。

②「アンカン祝儀」への対策

・アンカン≒「和了」という意識を持て

「アンカン祝儀」の対策として最も大切なことは、アンカン≒「和了」という意識を持つことだ。これさえ意識しておけばそうそう間違うことはない。
それを踏まえて、実際にどう打つか見ていってみよう。

・アンカンは1巡でもためらうな!!

東1局、配牌。

良い配牌だなあ、とかボケっと南を切っている場合ではない。即座にカンだ。
アンカン≒和了なのだ。この手は配牌でアガっているんだから、アガリを宣言しないわけにはいかない。配牌がこれなら、アンカンした後もう一回手を組みなおしてアガれる可能性だって十分ある。

こんなバラバラの配牌も、1巡目からカンだ。アンカン≒和了なのだから、1巡でも早く和了宣言するのは当然だ。他家にドラが乗ろうがなんだろうが、自分の和了の前には関係ない。

・ベタオリ中でも生牌の暗刻は崩すな!

例えばリーチを受けてこの牌姿。4s6sが通っているとする。マンズやピンズは通っていない。
この場合には、一番安全な牌は1sだが、通っていない筋がまだまだ多く、1sや西が生牌のうちは9s切りとしたい。
1sや西をもう一枚引いてきて、アンカンできる可能性を残すのだ。
アンカン≒和了とすれば、現在1sと西待ちのテンパイなのだ。比較的安全な9sで2巡凌げるのなら、わざわざテンパイを崩す必要はないだろう。

・テンパイ・アガリからでもアンカンしろ!

例えば6巡目、こんなテンパイをしたとしよう。

ここに4枚目の5mを引いてきた。さあどうする?
どうもこうもない。問答無用でカンだ。
69sのテンパイはまだ和了ではないが、カンは和了なのだ。不確定の69sのアガリに固執する必要よりも、確定の和了を拾おう。

ここに4枚目の6mを引いてきた。さあどうする?

これも当然カンだ。愚形の1000点テンパイより確定の祝儀3枚和了。57mのどちらかを縦引きすればもう一回アガれるドン。

58m8s待ちのテンパイ。ここに5mを引いてきた。これは?

もうお分かりだと思うがwこれもカンだ。これは5mを引いた時点で和了が確定しているが、5mツモが1100点なのに対し、5mカンはおよそ3000点の価値だ(5000点相当の祝儀1枚の価値を点棒1000点と換算。参考:【戦術】祝儀牌(赤牌)のある手の押し引き)。さらに言えばカンしてもペン8mテンパイは維持できる。問答無用でカンだろう。

ちなみに、今回はドラのない手を例として挙げたが、

白がドラで、満貫が確定しているような場合には、4枚目の5mを持ってきてもさすがにテンパイを維持した方が良いだろう。まあ、さすがにw

 

・リーチがかかっていてもアンカンしろ!!

「自分がアガれない形なのに、無駄にカンしてドラを増やしてしまうのは良くない」
これは常識だ。ただし、普通の世界での常識であって、アンカン祝儀のルールでの常識ではない。

親リーがかかっていて↑の形。ほぼアガれない手だが、4枚目の2mを引いたら即座にカンする。これは絶対だ。
親リーの打点が上がる?知ったこっちゃない。横移動するかも知れないし、流局するかも知れないし、はたまたカン2m待ちかも知れない。不確定な損失よりも、目の前の確定の利益を拾ったほうが良い。

親リーを受けてこの形の時も、4枚目の6mを引いたらカンした方がいいだろう。どうせテンパイ維持したってすぐオリる手なのだから、ここで確定の利益を拾う。

ただし、親リーを受けてここから5mを引いてきた時には、さすがにツモった方がいいだろう。これカンはさすがにやりすぎだw

・確定してないカンの可能性よりは確定の打点優先!!

通常なら3m切りリーチでメンタンピンイーペーコーで間違いない。ただアンカン祝儀のルールの場合には、平和を消す4m切りリーチで2mをカンできるようにしておく・・・と考えもあるだろう。

ただ、この形のようにピンフの打点差があるなら、まだ見ぬアンカンに備えて4m切りリーチをするよりも、素直に3m切りリーチだ。

58pは8枚あるのに対して、2mは1枚だけ、しかも自分がツモった時にしかカンできない。ほとんどの場合は2mをツモるより先に58pのアガリが先に来る。ならば、出アガリ5200よりは出上がり8000、ツモ裏で満貫よりは跳満にしてしまった方がいいだろう。

広告



③「赤牌」への対策―――いつもより濃い目の手作りをしろ!!

赤が3p二枚ということで、ピンズを他の色より大切にする、というのは当然として・・・

このルール、赤牌が2枚しか入っていない。普通のルールと1枚しか変わんないじゃん!と思われるかも知れないが、これが結構大きいのだ。赤が1枚減るだけでも、結構平均打点は落ちるんじゃないだろうか。赤の使いやすさも、3と5だとやっぱり5の方が使いやすいし、3pに2枚赤が入っている分、2枚持っていても使い切れずに一枚切ることになるケースも増える。

というわけで、「赤なし」の麻雀を打っているくらいのつもりで、結構濃厚な手作りをした方が良い。ガッツリ作りにいかないと、強いオジサン達に打点負けしてしまう。

④「形式テンパイなし」への対策―――粘らずに中抜きでオリろ!!

アンカン祝儀や赤3pに気を取られて忘れられがちだが、このお店は「形式テンパイ」がない。役がないとテンパイ宣言できないのだ。
そうなると、対策は一つ―――「粘らずに中抜きしてオリろ!!」だ。
もちろん、面前でのテンパイが取れそうなときや、役牌を鳴いてのテンパイが取れそうなら取れば良いが、普通の手ならあまり粘らずに中抜きでオリるのが良い。粘っても、結局鳴かないとテンパイ取れないということは結構多く、大してテンパイ料に結びつかない。追っかけたい手でもなければ、淡白にオリてしまうのが良いと思う。


昔、渋川難波プロがアンカンのポイントを競うイベントで、独自の打ち筋でダントツのポイントを叩き出した、なんて話もある(参照記事:超ヒモリロリローデッド『渋川流』)。もしかすると、思った以上にこのルールは考えることが多いのかも知れない。

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告