カテゴリー別アーカイブ: 生活全般

「テレホンカード」ってまだあんの!?換金方法などについても解説


ライフスタイルランキング




仕事終わりに家の最寄り駅の近くをブラブラしていると、金券ショップの前でこんな看板を発見した。
「テレホンカード高価買取!!詳しくは店内にて」
ほーう、テレホンカードね。そういえばそんなもの、存在してたな・・・。

↑これが「テレホンカード」。デザインもどことなく90年代の香りがする。

テレフォンカードとは

念のため一応説明しておくと、テレホンカードとは、簡単に言えば「公衆電話用のプリペイドカード」だ。
公衆電話は1分20円くらいの値段で電話がかけられるわけだが、いちいち小銭を入れるのはめんどくさいので、良く使う人なんかはこの「テレホンカード」を購入して公衆電話の電話機に差し込むわけだ。テレホンカードは1000円で「105度数」、要は1050円分使えるわけだ。ちょびっとだけお得だし煩わしさがなくなるしで、携帯電話をみんなが持つようになる前は、色んなところに売られていた覚えがある。

携帯電話が普及し、公衆電話がほとんど絶滅するのとともにテレホンカードも絶滅したものだとばかり思っていたが、調べてみると今でもテレホンカードというのはコンビニで普通に売られているらしい。そうなのかー。誰が買うんだろうなー。

ただ、金券ショップに看板が出ているということは、2017年の今でも手元にテレカを持っている人がいるってわけだ。

テレホンカードを換金する

では、テレホンカードを換金するにはどうしたらいいんだろうか。換金方法についてオススメの方法を紹介していきます。

①金券ショップで換金する

一番お手軽なのはこの方法でしょう。近くの金券ショップで換金します。
お手軽ではありますが、この方法だと換金率はイマイチのようです。実際の売値(105度数なら1,000円)の半額程度になってしまうようです。

②ネットオークションに出品する

カードの種類によっては、プレミア価格がついているものもあるようです。こうしたカードの場合には、ネットオークションに出品することをオススメします。実際にヤフーオークションを覗いてみると・・・

何と数十万円の値が付いているものもあります。もし限定品などのテレホンカードが手元にあるなら、オークションに出品してみるのがオススメです。マニアの目に留まれば、予想以上の値段になるかも知れません。

テレフォンカードを買いたい

もし、テレホンカードを買いたいという奇特な方がいるならば、Amazonなどを覗いてみることをオススメします。
かなり割り引かれた値段で買えますよ。

公衆電話ってまだあんの?どこにあんの?

2017の現在、テレホンカードを実際に使っている人って、どれくらいいるんでしょうか。
都市圏に住んでいると、携帯やスマホを持っていない人に出会う方が難しいくらいみんな持っていますが、地方になるとそうでもありません。
僕は数年前、仕事の関係でちょろっと田舎の方に住んでいたことがありました。現地の人達の携帯所持率は、95%、といったところでしょうか。
若い人はみんな持っていますが、農家や自営業のおじいちゃん・おばあちゃんは、未だに携帯電話を持っていない人が結構います。その人達が公衆電話・テレホンカードを使ってるのかな・・・とちょっと思いましたが、良く考えると田舎には公衆電話が置いてあるところが本当に少ないです。田園風景のど真ん中に公衆電話あっても、誰も使わないですもんね。

こちらの記事によると、公衆電話の総数は全国で約16万台。まだまだそんなに設置してあるんですね。非常時に使ったりするため、赤字でも撤去できないものも多く残っているようです。

役立ったらクリック!!↓

ライフスタイルランキング