作成者別アーカイブ: つよし

【書評】川村本(麻雀勝ち組の鳴きテクニック) 内容はかなり濃密、麻雀オタク向けの一冊



麻雀ランキング

広告



※「鳳南研究所ウォッチ版」好評連載中です!

 

話題になっている「麻雀勝ち組の鳴きテクニック」(通称「川村本」)を読んでみた。

内容としてはかなりマニアックな部分が多いため、麻雀初めて間もない人には全くオススメできない(間違いなく読み込めない)が、我々のような「麻雀オタク」が読むにはうってつけの本。リアル麻雀がベースとなっているようだが、内容はものすごーく緻密。微差を究極まで突き詰めてやろうじゃねーか、というような部分が多い。

全190ページ。「鳴きテクニック」という題だが、鳴く鳴かないとか手組みの話が7割くらい、他家コントロール的な話が2割くらい、その他が1割くらい。
また紙面の至るところに「ミニ戦術コラム」がちりばめられており(数にして50個くらい)、内容は相当凝縮されている。そのどれもがかなりマニアックなものなので、相当麻雀を打ち込んできた人でも「新しい発見」は何個もあるはず。

出てくる牌姿がとにかく汚い

この本の第一章は「最速テクニック」。そのほとんどが「アガリトップのオーラスで何切る・何鳴く」という問題だ。

ここでは、出てくる牌姿がとにかく汚いw最初のページこそ、

こんなキレイな形の問題だが、ちょっとページをめくるとすぐ

こんなのばっかり出てくる。汚っw
ただ、こういう状況って、麻雀打ってたら死ぬほど遭遇するじゃないですか。オーラス微差の局面で、超汚い配牌来て、ゲンナリしながらベタオリする局。そこで差をつけようってんだから、実戦的だなあ、と思う。
例えばオーラスに↑の配牌100回来て1回アガれる人と、2回アガれる人では、着順にダイレクトに差が出てくるわけでしょ。まあ100回もこんな配牌やりたくないけどな。地和こい。

アガリトップ。こっからは6p,3s,5s,6sはポンチー。ふむ、実戦的で超汚い!

面白かった・気になったところ

個人的に一番面白かったのはこれ。

今回はアガリトップではなく東1局。3巡目、1p2枚飛びのところ。上家が1pを切ってきたときと4pを切ってきたとき、それぞれどうする?
答えは「4pはスルーするけど、1pはチー」。上家が4p切ってきた時はどうせ後で1pも鳴けるけど、1p切ってきたときは4pが打たれる保障はない、って。ほーー。確かになあ。「4pから鳴きたい!」としか考えたことなかったなあ。

「ブラフ」についても一章使って書いてある。正直な感想、やめてくれよ、って思ったw
これもzeRoさんの影響なのかも知れないけど、最近なんとなく鳳南で「ブラフ」が増えた気がする。ブラフ、決まると気持ち良いけど、やられる側になるとめちゃめちゃうざいんだよなw全員ノーテンで流局でもした日には、パソコンのモニター越しに相手のドヤ顔が浮かんでくるからすげー腹立つもん。頼むから流行らないで欲しい。これは有利不利とかの話じゃなくて感情的な部分でw

あとはコラムがかなり面白かった。「若者との大三元対決」は、挙動でデジタル君から大三元を討ち取って、挙動でデジタル君の大三元を看破した話。リアル麻雀の特有の話で、下手な麻雀漫画よりもよっぽど面白い。

まとめ

・麻雀オタクなら間違いなく買い。
・ちょっと変り種を読みたいなら買い。
・初心者は手を出しちゃいけない。わけわかんないことになる。

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告



【天鳳強者の麻雀観】目先のテンパイにつられろ!!



麻雀ランキング




お知らせ
11/27(月)より、ブログの更新をストップし、「鳳南研究所 ウォッチ版」の連載に移行します。

少し前ツイッターで、コレを鳴くか鳴かないかが話題になった。↓

少し前、って言ってももう2ヶ月も前なんだなw月日の流れは早い。
ゼロさんのブログのこの記事でこれについて言及されていて、「鳴かなくても良いと思うけど鳴いても良いと思う、微妙な線じゃない?」といった事が書かれていて、ほー、そうかもなー、難しいとこだなあ、と思った覚えがある。

広告


ところで・・・

強者の牌譜を見ていると、結構似たような場面に遭遇し、結構テンパイを取っている。

5200点差のラス目リーチを受けた3着目。トトリ先生19歳さんはポンテンを取った。
アガれそうにないカン6mテンパイ、安牌は8p一枚のみとなるが、うっかりアガれてしまえば相当大きく、テンパイ料もバカにならないところ。ここが勝負所とみて、テンパイを取る。

点差的に余裕がないなら、アガれそうになくても目の前のテンパイは取る。訪れるかどうかわからない手詰まりのピンチを恐れるよりも、目先のアガリ抽選を受けに行く。

これはたの@さん(プロ協会の田内プロ)のポンテン。1000点の現張り。現状トップ目で、局消化の価値はかなり大きいところ。ラス目リーチの安牌を消費してしまうが、残り5順くらいで安牌が2枚残るため仕掛けやすいか。

ある程度安全が確保されており、アガれれば相当大きい。これも目先のテンパイはやはり偉い。テンパイ維持できている間にアガれたらボロ儲け。逆に言うと、テンパイ取らない間にアガリ牌が出てしまったら、大損ぶっこいたことになる。

以前「打点を作ることは和了率アップにつながる」の記事で、押し返せないテンパイをたくさん組んだところで、アガリ率は大して上がらない、ということを書いた。
ただ当然ながら、安全にテンパイを取れるなら、取るに越したことはない。たとえテンパイを維持していられるのが1巡でも2巡でも、その間にアガれてしまえばそれに越した事はない。アガリはやっぱり偉いのだ。

これはちょっと趣が違うかも知れないがwトトリ先生19歳さんの天鳳位昇段戦より。
東4局、現状2着目だが、ダマでもアガれるピンフで、ラス目のリーチに安全牌を切って追っかけた。放銃してラス目で南入となるとちょっと悲しいが、安全牌切ってまあまあアガれそうな36sなら、局収支最大化のため追っかける価値あり、といったところだろう。

麻雀において、自分がアガれなかった場合には、ツモられやテンパイ料などで大体失点することとなる。放銃のリスクが高い天鳳においても、麻雀の性質上、自分のアガリが最強なことに変わりはない。特に相手リーチを受けている局面での自分のアガリは、ほぼ無条件で偉いと言って良い。人より多くテンパイ取って、人より多くアガろう。

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告