作成者別アーカイブ: 研タロウ

【戦術】「アンカン祝儀の店」(さん・ブル・リオ)での戦い方



麻雀ランキング




※「鳳南研究所ウォッチ版」好評連載中です!

「鳳南研究所ウォッチ版」は、3月以降火・木・日曜日のみの更新としてます。
今日は記事お休み。ということで、大人の事情で「ウォッチ版」の方には載せられなかった記事を、ブログの方にアップしますw

 

「アンカン祝儀の店」というのをご存知だろうか。

さんグループの雀荘・麻雀店:Tokushuses Chain Tempo [麻雀王国]

この店の祝儀は5000点相当。局の途中でアンカンすると、祝儀1枚オールがもらえる。
さらに3pをアンカンすると、祝儀1枚オール+3000点オールだ。

他の雀荘では中々見かけない、かなり独特なルールだ。今回は、このルールの戦い方について書いていこうと思う。

①ルール

・ウマは1-3の東南戦。祝儀は5000点相当。

・赤5は入っていないが、代わりに赤3p(ドラ扱い)、スーパー3p(ドラ扱い+面前なら祝儀が付く)が1枚ずつ入っている。
面前でのスーパー3p、一発、裏にそれぞれ祝儀が付く。


・アンカンした場合には祝儀1枚オールとなる。3pのアンカンをした場合には、祝儀1枚+3000点オールだ。

・形式テンパイなし。面前でのテンパイは全てテンパイ扱いとなるが、鳴いている場合には役牌なりタンヤオなりの役がついていないとテンパイ扱いにはならない。

主なルールはこんなところだろうか。

②「アンカン祝儀」への対策

・アンカン≒「和了」という意識を持て

「アンカン祝儀」の対策として最も大切なことは、アンカン≒「和了」という意識を持つことだ。これさえ意識しておけばそうそう間違うことはない。
それを踏まえて、実際にどう打つか見ていってみよう。

・アンカンは1巡でもためらうな!!

東1局、配牌。

良い配牌だなあ、とかボケっと南を切っている場合ではない。即座にカンだ。
アンカン≒和了なのだ。この手は配牌でアガっているんだから、アガリを宣言しないわけにはいかない。配牌がこれなら、アンカンした後もう一回手を組みなおしてアガれる可能性だって十分ある。

こんなバラバラの配牌も、1巡目からカンだ。アンカン≒和了なのだから、1巡でも早く和了宣言するのは当然だ。他家にドラが乗ろうがなんだろうが、自分の和了の前には関係ない。

・ベタオリ中でも生牌の暗刻は崩すな!

例えばリーチを受けてこの牌姿。4s6sが通っているとする。マンズやピンズは通っていない。
この場合には、一番安全な牌は1sだが、通っていない筋がまだまだ多く、1sや西が生牌のうちは9s切りとしたい。
1sや西をもう一枚引いてきて、アンカンできる可能性を残すのだ。
アンカン≒和了とすれば、現在1sと西待ちのテンパイなのだ。比較的安全な9sで2巡凌げるのなら、わざわざテンパイを崩す必要はないだろう。

・テンパイ・アガリからでもアンカンしろ!

例えば6巡目、こんなテンパイをしたとしよう。

ここに4枚目の5mを引いてきた。さあどうする?
どうもこうもない。問答無用でカンだ。
69sのテンパイはまだ和了ではないが、カンは和了なのだ。不確定の69sのアガリに固執する必要よりも、確定の和了を拾おう。

ここに4枚目の6mを引いてきた。さあどうする?

これも当然カンだ。愚形の1000点テンパイより確定の祝儀3枚和了。57mのどちらかを縦引きすればもう一回アガれるドン。

58m8s待ちのテンパイ。ここに5mを引いてきた。これは?

もうお分かりだと思うがwこれもカンだ。これは5mを引いた時点で和了が確定しているが、5mツモが1100点なのに対し、5mカンはおよそ3000点の価値だ(5000点相当の祝儀1枚の価値を点棒1000点と換算。参考:【戦術】祝儀牌(赤牌)のある手の押し引き)。さらに言えばカンしてもペン8mテンパイは維持できる。問答無用でカンだろう。

ちなみに、今回はドラのない手を例として挙げたが、

白がドラで、満貫が確定しているような場合には、4枚目の5mを持ってきてもさすがにテンパイを維持した方が良いだろう。まあ、さすがにw

 

・リーチがかかっていてもアンカンしろ!!

「自分がアガれない形なのに、無駄にカンしてドラを増やしてしまうのは良くない」
これは常識だ。ただし、普通の世界での常識であって、アンカン祝儀のルールでの常識ではない。

親リーがかかっていて↑の形。ほぼアガれない手だが、4枚目の2mを引いたら即座にカンする。これは絶対だ。
親リーの打点が上がる?知ったこっちゃない。横移動するかも知れないし、流局するかも知れないし、はたまたカン2m待ちかも知れない。不確定な損失よりも、目の前の確定の利益を拾ったほうが良い。

親リーを受けてこの形の時も、4枚目の6mを引いたらカンした方がいいだろう。どうせテンパイ維持したってすぐオリる手なのだから、ここで確定の利益を拾う。

ただし、親リーを受けてここから5mを引いてきた時には、さすがにツモった方がいいだろう。これカンはさすがにやりすぎだw

・確定してないカンの可能性よりは確定の打点優先!!

通常なら3m切りリーチでメンタンピンイーペーコーで間違いない。ただアンカン祝儀のルールの場合には、平和を消す4m切りリーチで2mをカンできるようにしておく・・・と考えもあるだろう。

ただ、この形のようにピンフの打点差があるなら、まだ見ぬアンカンに備えて4m切りリーチをするよりも、素直に3m切りリーチだ。

58pは8枚あるのに対して、2mは1枚だけ、しかも自分がツモった時にしかカンできない。ほとんどの場合は2mをツモるより先に58pのアガリが先に来る。ならば、出アガリ5200よりは出上がり8000、ツモ裏で満貫よりは跳満にしてしまった方がいいだろう。

広告



③「赤牌」への対策―――いつもより濃い目の手作りをしろ!!

赤が3p二枚ということで、ピンズを他の色より大切にする、というのは当然として・・・

このルール、赤牌が2枚しか入っていない。普通のルールと1枚しか変わんないじゃん!と思われるかも知れないが、これが結構大きいのだ。赤が1枚減るだけでも、結構平均打点は落ちるんじゃないだろうか。赤の使いやすさも、3と5だとやっぱり5の方が使いやすいし、3pに2枚赤が入っている分、2枚持っていても使い切れずに一枚切ることになるケースも増える。

というわけで、「赤なし」の麻雀を打っているくらいのつもりで、結構濃厚な手作りをした方が良い。ガッツリ作りにいかないと、強いオジサン達に打点負けしてしまう。

④「形式テンパイなし」への対策―――粘らずに中抜きでオリろ!!

アンカン祝儀や赤3pに気を取られて忘れられがちだが、このお店は「形式テンパイ」がない。役がないとテンパイ宣言できないのだ。
そうなると、対策は一つ―――「粘らずに中抜きしてオリろ!!」だ。
もちろん、面前でのテンパイが取れそうなときや、役牌を鳴いてのテンパイが取れそうなら取れば良いが、普通の手ならあまり粘らずに中抜きでオリるのが良い。粘っても、結局鳴かないとテンパイ取れないということは結構多く、大してテンパイ料に結びつかない。追っかけたい手でもなければ、淡白にオリてしまうのが良いと思う。


昔、渋川難波プロがアンカンのポイントを競うイベントで、独自の打ち筋でダントツのポイントを叩き出した、なんて話もある(参照記事:超ヒモリロリローデッド『渋川流』)。もしかすると、思った以上にこのルールは考えることが多いのかも知れない。

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告



第7期天鳳名人戦 第7節の牌譜より 独歩が4連勝で独走態勢!!



麻雀ランキング




※「鳳南研究所ウォッチ版」好評連載中です!

昨日(2018/1/12)、第7期天鳳名人戦、第7節が行われた。結果は次の通り。

前節終了時点で+448.4の2位だった独歩が4連勝!!2位の多井を400ポイント近く突き放す独走態勢に入った。逆に+500.7の首位だった多井は今節は不調で、明暗がくっきりと分かれた。残りは4節。周囲のマークが厳しくなることも予想されるが、好調を維持して逃げ切り、初優勝を手にすることができるだろうか。

今回も非常に見応えのある闘牌が繰り広げられた。というかみんな切れ味が鋭すぎる。一体何を食ったらこういう麻雀が打てるようになるんだろうか。


対面・就活生さんの不穏なホンイツ仕掛け。場には一切のピンズが放たれなくなる。小林剛プロ、ここで一旦迂回の構え。


しかし数巡後、テンパイするとサラリと生牌の発を切っていく!現状トップ目、打てばラス目に落ちるが、それだけこの25mテンパイに手ごたえを感じているということだろう。


3着目のトトリ先生も全然通ってない7pをぶつける!!就活生さんだけでなく、上家の小林プロも明らかに前に出てきているため危険度は高いが、アガれば大きすぎる。


結局小林プロがアガりきった。
天鳳名人戦というフィールドで、アガリをもぎとるというのは並大抵のことではない。こうやって、血へどを吐くような牌を切っていかなければアガれない、地獄のようなフィールドだ。


今度はトトリ先生のカラ~いダマテン。ラス目の親、というのももちろんあるし、今節開始時点でトータルトップだった多井プロを沈めておくというのが今回の大切なテーマ。その多井プロから直撃ができ、大きな大きな1600点となった。


オーラス、独歩さんの手牌。払う予定のカン8sがうっかりチーできてしまった。対面の中嶋プロとは4700点差。さて?


ピンズの両面を落とし、白ポンで条件を満たせる構えにした。しかし5sポンの後に打たれた白はスルー。いくら条件が満たせるとはいえ、裸単騎にまではしないのが独歩さんのバランス。

一方中嶋プロは判断が難しい。即リーチ、5sポンが入った瞬間にツモ切りリーチ、2m切らずにオリなど、様々な選択肢があっただけに悔しいところだ。リーチ棒を出すと独歩さんが2900でOKになることもあって、リーチはかけづらいか。

広告




木原プロのドラ切りを見て、解説席がうなる。

福地先生「昔の麻雀プロって、ここから役牌ドラ切る人いなかったよね?いなくなかった?」
タケオしゃん「そうですね、とりあえずドラを持っておいて、テンパッたら切るのが主流でしたよね。様式美というか・・・」
「様式美」か。上手いこと言うなあ。確かに、この手でドラを引っ張るという選択は様式美でしかない。麻雀に様式美は全く必要なく、有利か不利かという指標で打牌選択をするしかない。麻雀には過程しかねえ!!


シンプルなワキガさん、ここから1mを出来メンツチーして・・・


打7p。形式テンパイに向かう巡目。カン8pが残り一枚しかないとはいえ、明らかにマンズを切らずにケイテンを取りに行こう、というチーだ。実際に、47mは対面・中嶋プロの跳満の当たり牌。7pも危険牌なのに、こっちはサラッと切っていく。一体この人達には何が見えているの?超能力なの???


こちらは小林プロ視点。下家の就活生さんからのリーチに対して、トトリ先生も宣言牌をチーして押し返す。


さていきなり手詰まりのこの局面。何を切る?


小林プロの選択は、なんと1m切り!!
ダントツ気味のトトリ先生が押し返しているのであれば、2pは早いがピンズに染まっている可能性は大いにある。ホンイツだとすれば、捨て牌からして字牌絡みの待ちになっている可能性はかなり高そうだ。だから、南は切らない。
しかし、1pと1mでは、明らかに就活生さんに対する危険度が違う。トトリ先生も2pの先切りで、1pが当たることはかなり少ないだろう。それを考慮して・・・1pではなく1m切り?
これは非常に興味深い選択だった。何かが見えているのか?もしくは、競技麻雀の場では、トトリ先生2p切りの時点で6ブロックに受けた1p待ちが存在するということだろうか?それとも、多井プロを沈めるため、最悪下家の就活生さんには打ってもいいかという構え?ここは是非聞いてみたい。


トトリ先生のチーの発声!!


カン4mでチーしてのタンヤオ移行。「ドラドラダッシュ」の三色付きバージョンだ。上家の多井プロがマンズをバシバシ切ってきそうなことも有利に働く。ASAPINさんのこういう動き、本当にいやらしい。


就活生さんの6s切り。
当然スピードは 落ちるが、ドラの中ぶくれをこの形で残しておくと、ソーズ1345s引きでドラを使い切りやすい形に変化する。巡目が浅いため、打点を重視し、実質2シャンテンに戻すこの一打。これが今回の名人戦で一番良い一打だと思いました。


↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告