手組み段階から押し引きは始まっている!!他家との距離感の取り方



広告



相手の仕掛けやリーチに対しての攻防は、相手がテンパイしてから始まるものではなく、その前の段階から始まっている。危険牌を先に切って安全牌を持っておくのか、危険牌を持っておきブクブクに構えるのか、はたまた危険牌を止めて先にオリておくのか・・・相手がテンパイしてから考えるのでは手遅れなことも多くなる。強者たちの牌譜から、「他家との距離感の取り方」を見ていこう。

 

前に出られるか、出られないか

ダブ東のポンとマンズ染めの仕掛けが入っているこんな局面。例えばこの5mを鳴くかどうか。

チーすれば愚形が捌けて、中バックのイーシャンテン。2軒の仕掛けが入っていなければ仕掛けても良いだろう。ただ、この局面ではどうか。

7m→5mの切り巡から8mは通りそうなところだが、そのあとが厳しい。仮にこれをチーして、このあと中と3mのシャンポンテンパイを果たしたとして、親に押し返せるだろうか?ちょっと、いやかなり厳しいんじゃないだろうか。

前に出るために「先にぶつける」

とはいえ、安全に進めていくことだけが「距離感」ではない。相手がまだまだ張ってないと思えば、鳴かれても良しで先切りしておき・・・

自己都合でドラを切っていったって良い。

すずめクレイジーさんの牌譜より。親は字牌すら余らせておらず、まだまだに見える。とはいえ3pが当たれば7700以上、ピンズの横伸びもあるため、とりあえずで南を切りたくなるところだが、ここは先にぶつける3p切り。後で打てない牌が出来てしまうと、守備面の不安があるというよりも、攻撃面で前に出られなくなってしまう。先にリスクを負って形を決めておき・・・

すずめクレイジーさんらしい満貫のツモ。3pを切り遅れていると、どうなっていたかわからない。

より安全にオリるための「先にオリる」

たとえば「たの@」さんのこの2p切り。凡庸なら白を切ればいいところだが、対面の仕掛けはかなりテンパイが近そうで、もう間に合わなさそう。となれば現物の2pを切って「先にオリておく」ことも選択肢の一つだ。ラス前31300持ちのトップ目、30000点を割る放銃は点棒以上に痛い。対面の仕掛けに押すことはもうほぼないので、上家や下家からの攻撃が来ても受けられるよう、字を温存しつつ磐石のオリの体制を作る。


押す、引くの単純な二つの選択だけでなく、先を見据えた選択ができると幅が広がる。後から攻められるよう、もしくは後から詰まないようにすることで、和了率、放銃率ともに良い影響が出るだろう。
広告


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。