天鳳強者研究47:普通の運力で十分さん(元九段)




広告



本日は「普通の運力で十分」さん。元九段。
非常にインパクトのある名前。「普通の運力がありゃ勝てんだよ」という自信が伝わってくる。その名の通り、普通の運力ながら安定8.5段というかなりの好成績だ。
「まともなランダムでやりたい」「通常ありえない」などの名言が示すように、天鳳での不運は本気でイラつくことこの上ない。普通の運力でやれたらどんなに良ゲーか・・・と思うのも致し方ない。

でもまあ我々も人間なので、欲を言えば地和ツモりたいし圧倒的な運力でやりたいじゃないですか。というわけでまずは圧倒的な運力の牌譜を見てみましょう。

12_R
南1局、現在ラス目の「普通の運力」さん。メンタンピンと中ツモを見て1p切りの6ブロック。安手になる2pの受け入れよりも、高打点の受け入れを重視して進め・・・・

13_R
赤5sを引いて打2s。メンタンツモドラ1と、リーヅモ中赤の満貫の両方が見える。

14_R
さらには、6s、中と引いて運力の高まりを感じるイーシャンテン。三色の跳満まで見えるじゃないか。先ほどまでとは見違えるような牌姿だ。当然次巡にツモるのは・・・

15_R
ドラの東だーーーー!!満貫放銃でラストー!!

運力が高まりすぎたゆえの放銃。やはり普通の運力が丁度良いのかも知れない。


さて、マジメなやつに入っていきます。
「普通」さん、手組みはかなり高打点を意識したものが多く、いわゆる打撃系の強者だ。それでいて他家視点もかなり重視しており、強えアガリをもぎとってやろうじゃねえか!!というのが牌譜からひしひしと伝わって来る。

21_R
7mをアンカンしやる気マンマンの手牌だったが、先に親からドラアンカンのリーチが入ってしまった。自分もテンパイだが、親に打てばダンラスになることは目に見えている。胃液が出てきそうな苦しい選択だが、さて、どう動く・・・?

11_R
ここは思い切ってリーチだ!!親に放銃するのは最悪だが、親にツモられての一人抜けの状況だって十分苦しい。オリてもオリきれない上、自分も両面テンパイで、アガればまあ大体満貫くらいにはなりそうだ。ここは歯を食いしばってのリーチ!!あとは普通の運力来い!!と願うのが最善だろう。

16_R
タンピン三色のイーシャンテン。7m先切りとした。
今回のように外側が高目になる場合には、先切りの効果が強くなる。7mの先切りで出やすくなるのは5mではなく高目の8mの方だからだ。残す4pは比較的安全度の高い牌であることからも、こうした先切りは十分効果があるだろう。マンズ先埋まりで安目リーのみになってもイマイチだし。

17_R
これは当然チーテンに取る。チーテンには取るが、どう鳴いて何を切るべきだろうか?

18_R
「普通」さんは4sを345sチー、打2sとした。

4sを234sチー、打5sとの違いはなんだろう。
4sを234sチー、打5sの場合は、相手から見て23455sからの食い延ばしパターンが残る。みんなが36sのケアを強めれば、相対的にカン8sのケアは薄くなる(ほんの気持ち程度だが)。
しかし345sチー、打2sには、「相手の見落とし、ケアレスミスを誘いやすい」という性質がある。落ち着いて考えれば、どっちで晒したところで235と持っていた事はわかるので、カン8sはド本命だ。ただ、カン4sチーで2sが河に打たれるほうが、なんとなく形を考えづらくなる。河に5sが出てくれば「直観的に」8sが危ないことがわかるが、2sだと少しぼやける。天鳳名人戦のような超強豪揃いのメンツならともかく、通常ならばやっぱりカン4sで仕掛けるのがいいんじゃないだろうか。

19_R
ペン7sは急所といえば急所だが、ここはスルー。少し不安定な1000点の構想にはあまりしない。

1_R
5万点近く持っている親番。何気なくツモ切りそうな9mだが・・・

2_R
打6p!!!ハッ!と目が覚めるような一打だ。確かにこの手をまっすぐ進めてもあまりメリットはなく、また点棒状況的にも、細かな加点よりも大きな加点orオリ、にしたいところだ。純チャンに向かってまっしぐら。良いなこれ~

3_R
こういう何気ない7sを引くだけで良し。現状2シャンテンだがくっつきの種が3種類あり、すぐにイーシャンテンにはなりそうだ。

4_R
ズバッとカン8sを引いてくっつきのイーシャンテンになったところ。三色もある3mを引いてきたがこれはどうする?

5_R
ツモ切りとした。今の形のままなら純チャンはほぼ確定しているので、3mはツモ切りの方が打点的な安定感があるだろう。

6_R
親リーを受けながら、7pを引いてフリテンでテンパイしたところ。今通ったばかりの2mを切ればとりあえずのテンパイには取れるが・・・

7_R
おりゃあっ!!ここは2mに狙いを定め、強気の8p切り。親の河は地味に安牌が少なく、今通った2mが他家からこぼれてくる可能性は通常時よりも高そう。放銃は痛いが、ここでの3900和了もかなり大きいため、思い切ってワンプッシュした。これは胆力が要るなあ・・・。

広告


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。