ハイテイ送りの是非【過去掲載分】




広告


今回は、「ハイテイをどこに回すか」という地味~な話。

例えば、「鳴きによってハイテイをずらして、リーチ者ではなくテンパっていない人にハイテイを回す」これは誰でもできることだしノーリスクなので、やるに越した事はない。
「手詰まっている人にハイテイを回して、ハイテイで放銃させる」これもやるに越した事はない。
問題なのは、「テンパイ者にハイテイを回して、ハイテイで放銃させる」ための鳴き。これは本当に有効なのか?という話。

23_R

例えばこの局面。東家のテンパイが明白なところで、北家はリーチのハイテイを消すポンをした。これは本当に有効だろうか?
北家とすれば、
「ツモ番を回して切れない牌をツモらせれば、オリるかも知れない・・・」
「リーチの当たり牌をツモらせれば、放銃するかも知れない・・・」
こんな感じの思考だろう。だがちょっと待って欲しい。ここで東家が南家の当たり牌を掴む確率と、東家が自分のツモ牌をツモる確率、どっちが高いだろうか?「流局間際だから、両面テンパイから安全な方を切って愚形にしてるかもしれない」とか細かいことはとりあえずおいておくとして、大体同じなんじゃないだろうか??
しかも、東家は南家の当たり牌を持ってきたとしても、スライド等で吸収できてしまう可能性が結構ある。例えばこの画像の状況で、ハイテイで通っていない3mを引いてきた場合には、安全牌の2mを切って安全にテンパイが取れてしまうわけだ。

鳴いたテンパイ者にハイテイを回すことは、その人にハイテイツモの機会をプレゼントしてしまうことでもあるのだ。これは意外と忘れがちなことだが、とても大切なことだ。
更に言えば、南2局のこの点棒状況で、南家に満貫や跳満ツモられて南3局に進むのと、東家に2000オールとかをツモられてもう一度南2局をやるの、どっちがきついだろうか?親に2000オールツモられるほうがキツイんじゃないだろうか?

24_R

逆にこれはいいなあと思ったポン。オーラスで親はノーテンのため、テンパイ料に意味はないが、ここでポンテンを取る。立直者にツモられても全く問題ないが、リーチ者がハイテイで6pを掴んだ時には、ハイテイドラ3のアガリとなってまさかのトップ終了となるのだ。「きっちり自分のできることをやる」っていうのはこういうことを言うのだろう。額縁に入れて飾っておきたい、ナイスポンだ。

広告


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。