【天鳳強者の麻雀観】シュートさんに序盤の手組みを聞いてみた【過去掲載分】


シュートさんがオレを取り上げろ取り上げろとうるさいので、しぶしぶ一蓮峻潤さんの牌譜から特集する。

以前、この記事で「手牌狭めすぎ病」について書いたが、シュートさんの序盤の進行は、誰よりも字牌を並べる進行が多い。とにかく19牌を残して役牌を切ることが多いのだ。これについて気になって、シュートさん本人に聞いてみた。

聞いてみると、字牌と19の切り順については、どうやらリーチまで行けるかどうかをメインで考えた進行が多いようだ。

シュートさん「字は人に利用されんじゃん だから先きるようにしてる」

シュートさん「ぎりリーチいけそうと思ったら打点にもよるけど役牌並べた方が 人に利用されるのコミで得だと思ってる
研タロウ「↓これとか供託2本あるけど発切るもんなんすか?」

87
シュートさん「コレは大差で発」

研タロウ「リーチ打てるもんなあこれ」

シュートさん「うてる!好きな手役 先制リーチ」

研タロウ「供託が300本あったら?」

シュートさん「誰かとんでんだろ」

ふーむ、確かに、供託あってもリーチは偉い。平和ドラ1くらいのリーチは打てそうだ。各色の1を切ると1~3が、1sに至っては5sまでもがロスになる。こういう1が河にあって後々フリテンになってる経験、誰もがあるんじゃないだろうか。そのフリテン、シュートさんはフリテンになってないかもよ?
リーチは偉い。超偉い。子のリーチドラ1は額面上2600点だが、ツモと一発裏を合わせると、平均で5000点近いアガリ点になる。この火力は役牌ポンには出せない。重なるか、鳴けるかどうかもわからない役牌より、最高火力の「リーチ」に一直線。これがシュート流。

86
9mはドラ、6mは三色があるし横伸びもあるので当然残すが、この1sは途中で切ってある人が多そうだ。だけど途中で235s引いたらイッツー目を残せる。一枚切れの字牌が重なったところで1000点だ。

91_R
これも全部字を並べる。1mは134m引きで、9pは789p引きでロスが出る。「ギリ」どころかまあまあリーチ打てそうな手のため、先に字牌を切っていく。

93_R
とはいえ、69と持っている9sはさすがに先に切るし、

94_R
ターツが足りている手牌なら好形にならない孤立の9sは不要。この辺はいいだろう。101_R
8sは好形変化かつドラ受けの牌。万が一にも切ってはならぬ。

102_R字牌は字牌でも、ドラの役牌は大事に大事に取っておく。世の中には「ドラの役牌早めに切っとけ理論」も存在するが、重なるだけで満貫確定のウルトラ牌だ。

95_R
このくらいの手牌とか、

100_R
このくらいになると数牌から切っていく。さすがにコレだとリーチはきついもんなあ。

96_R
この方針は鳴いていてもあまり変えない。9sを切ってのヘッド固定は、ドラ引きや8s引きが明確なロスになる。

106_R
おや・・・?南家にダブ南になる南からじゃなく、白から切っていった。これは面白い。

研タロウ「なんでこれは白から?ダブ南鳴かせて他を凹ませたいってことすか?」

シュート39「マウスのカーソルがのってたんだろうな 白に」

非常にロジカルな回答である。乗っていたならしょうがない。まあ鳴かれてもどうってことない場面だしなw


人間は心が弱い生き物だ。どうしても、19を切ってスリムに進行したくなる。
だが、麻雀はアガりを目指すゲーム。人より多くアガることを目指すなら、人よりブクブクにしなくてはならない。どうせ手牌13枚もあれば、後の事はなんとかなるのだ。

研タロウ「シュートさんありがとう!最後に、何か言いたいことはありますか?」
シュートさん「
IMG_3200

というわけで、この記事をまとめると「カーソルがのってる牌を切れ!」だ。
皆さん、わかりましたか?

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。