【鳳南研究所】ドラ単騎、赤単騎はどこまで有効か?



広告


麻雀で現状よりも打点を上げる手段と言えば、基本的には「リーチツモ+裏」だ。リーチのみをかけるだけで1000-2000になる確率がそこそこあるわけで、このセットの威力は相当なものだ。
それとは別に、ドラ単騎というのも打点を上げる手段の一つだ。待ちは最悪、でもツモればええんや!の精神。チートイのドラ単騎をツモった時の気持ちよさは格別。チートイのドラ単騎ツモられた時のウザさもまた、格別。

ドラ単騎リーチ

ドラ単騎のリーチというのは、もはや常套手段。出アガリこそ期待しづらいが、ツモれば満貫だ。
11
特に役牌のドラというのは、扱いに神経を使う。自分が使えれば最高だが、相手に鳴かれると満貫が確定してしまう。そのため、ドラを切らない構想で、ドラを重ねるかもしくはドラ単騎リーチ、というのは、古今東西様々な場所でよく見る手順だ。

ただ、ドラ単騎リーチ、それも中張牌のドラとなると、当然和了率は大きく下がる。
チートイツの場合、「中張牌ドラ単騎リーチ」と「字牌単騎リーチ」を比較すると、字牌単騎リーチの方が局収支が勝るというデータもある(参照:現代麻雀理論)。最終形気分でドラ単騎リーチを打つのは簡単だが、ドラ単騎になりました、はい即リーが常に正しいとは限らないわけだ。
例えば、

こんな手であれば、大して強い変化もないため即リーチ寄りになるが、この手がちょっと変わって

赤が一枚入るだけで平和赤1のリーチがかなり打てるため、結構ダマテン寄りになるし、

仮にこんな手だったとしたら、和了率の低いドラ単騎リーチを打つのはさすがにもったいないだろう。このままリーチしてツモればハネマンだが、平和にしてリーチツモ裏でもハネマンだ。

また、チートイツで言うと、

このリーチは見た目は美しくないけど良リーだ。和了率は大分落ちるが、リーチして3200→6400の打点上昇はデカイ。だが・・・

赤ツモを狙ってのこれ即リーチはさすがにあまり得にはならないだろうw

鳴き手のドラ単騎

鳴き手のドラ単騎・・・状況によるのだが、特に中張牌のドラ単騎だと、リーチの時と比べてかなり弱くなる。
リーチだと、相手が止まってくれている間にツモりにいくんや作戦ができるが、鳴き手だとなかなかそうもいかない。中張牌のドラ単騎なんかであれば、誰も切ってくれないまま自由に手を進められ、好き勝手リーチを打たれてしまうことが多くなる。

45
とはいえ、打点が4倍となる効果は強烈なものがある。1000→3900だと微妙だが、2000→8000の打点上昇は非常に価値が高い。ホンイツの2翻をつけるようなものだ。この手は満貫だから強引な裸単騎もアリだが、

45.1
(画像は合成です)
仮にこんな3900テンパイだったら、打点が見合わずイマイチだろう。

1_R
 赤単騎だって、見た目はあんまり美しくないがw打点2倍である。2倍ってやばくね?2600→5200の打点上昇があれば、多少待ちを悪くしても問題ないところだ。東単騎もまあまあケアされそうだし。

広告


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。