【天鳳戦術】麻雀における「リスク」とは何か?【過去掲載分】



広告


先日、こんなやり取りを目にした。

ドラは1p。南場の親が、西と北をポン、マンズのホンイツ模様。

それに対し南家はソーズのホンイツで、

こんな満貫テンパイ。

親は生牌の南ツモ切り。まだマンズは余ってきておらず、テンパイ率はそう高くない。
テンパイしている南家は、親がまだテンパイしていないということにして6m、4m、9mと全てツモ切りしてテンパイ維持。結局この局は、西家の2000点か何かで流れた。

半荘終了後、これを観戦していた人が、南家に対してこんな事を言っていた。
「ソーズのホンイツの局さあ、アレ押しすぎなんじゃないの?親は7700とか12000まであるし、小四喜の可能性だってあるだろ満貫テンパイとはいえ、役満打ったら大惨事なんだからオリたほうがいいよ」

ほう・・・小四喜、とな?

プロ野球はシーズン中盤になると、「自力優勝の可能性がなくなったチーム」というのが出てくる。これは要するに、自チームがこの先の数十試合で全勝したとしても、1位のチームも全勝だと優勝できません、ということだ。数十戦やって全勝のチームなんて現実的にはあり得ないので、自力優勝の可能性を計算してもあんまり意味がない。

この局で小四喜の可能性を語るのも、自力優勝の可能性を語るのと同じで、あまり意味はないんじゃないか。そんなことを言ったら東ポンしてるだけの人に1m切ったら、

こんな役満に刺さる可能性だってあるし、親の第一打で1mを切ったら

こんなダブル役満に刺さる可能性だってある。車に轢かれる可能性があるから外を歩けませんみたいな話ですね。それよりなにより、オリてしまえば、自分がアガリ逃すリスクがある。

3元牌の3つ目を切るかどうか問題

白発とポンしている他家に対し中をかちこむか、という問題もある。序盤のうちなら、そうそう都合よく中トイツになんてなっていないのだから、自分がアガれそうな手ならなるべく早いうちに中をぶっこみましょう、というのが、最近のトレンド。
今でこそ中をぶっこむ人が多くいるが、10年前ならありえなかっただろう。何せ今でも「白発鳴いてる人がいて自分が中持っていない時はリーチをかけるの禁止」なんてメンバー規制があるくらいだ。役なしのオールスター3メンチャンでもダマなの??からくね??

役満の可能性が見えている場面というのは、人間どうしても最悪の展開が脳裏に浮かび、「役満を打ったらヤバイからオリよう」という思考になりがち。だが、前述のように、役満放銃の可能性なんていうのはいつだって存在する。「役満を打つ可能性があるから打たない」というのは短絡的で、あくまでも役満放銃の可能性があることは認識した上で、自分の手が見合うなら押せば良い。別に役満打ったって、天鳳では単なる1ラスでしかない。仮に、何千半荘も打っているのに一度も役満に放銃したことがない人がいたら、むしろその人は相当アガリを取りこぼして損をしているはずだ。

 

差込判断なんかも同じ

これは別に役満に限った話ではない。例えばこんなオーラス。

1

ドラは5s。上家が4pを赤56pで仕掛けてタンヤオのテンパイ模様。そこに親リーチが来た。さて、親の現物で上家に差し込むか?

これなんかも、「上家に差し込んだら満貫で2着落ち」という可能性はある。だが、だからといって、差し込まなければ「親に満貫ツモられて2着落ち」という可能性だってある。この局面、差し込むことにも、差し込まないことにもリスクはあるのだ。「もし仕掛けが満貫だったら着落ちするから差し込めないよ!!」というのは短絡的。どっちの選択の方が着落ちリスクが大きいのかを考え、トップになる可能性の高い方を選択する必要がある。これこそ麻雀だ。

広告


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。