【天鳳戦術】手を弱く見せる工夫&ノーテンアピール




広告


本手をギリギリまで弱く見せる

とある麻雀対局番組を見ていて、こんな場面があった。
Mプロの東場の親番。ドラドラの本手で仕掛けを入れる。

(副露部分はうろ覚え)
こんなイーシャンテン。5800から満貫が見える勝負手だ。さあ、アガリ切れるか・・・
今対面から4mが切られ、上家も4mを合わせてきた。場には4枚目の14m。当然チーテンを取る。
取る・・・

・・・と見せかけて、取らない!?なんとMプロ、この高目満貫のチーテンを取らなかった!

そしてツモ切りを挟み、次巡上家から切られた1mを、渋々、ほんとド渋だよ、といった様子でチーテンに取った。

結局この手はアガれなかったのだが、Mプロの狙いは伝わってきた。即座のチーテンなら、本手である可能性もある。ただ、渋々でチーテンを取るならば、相手からは相当ナメてもらえる。ドラドラあるなら、普通はチーテン取らないことがないからだ。
また、ソーズやピンズを自力で引いてテンパイした時には、一度スルーしている14mはかなりの盲点になる。4枚目をスルーするのはペンチャンをスルーするのと大差ないのでさすがにやりすぎのような気もしたがwまあでも狙いは伝わってきた。上家が切ってきた14mが1枚目、とかだったら、やる価値はあるかも知れない。

 

ノーテンアピール

とある対局のオーラス。

東家 32000
南家 30500
西家 30200
北家    7300

ラス目は遠く離れていて、トップから三着までが1800点差の大接戦。トップ目の親が仕掛けを入れているところに、南家もダブルバックの形で仕掛けを入れた。

南家

このイーシャンテン。南、白以外の役牌は出切っている。これが鳴けないまま巡目が進んでいく。
10巡目、南家が引いてきたのは西西も2枚切れだが、ここは切り。そして次巡のツモは、親の仕掛けに通っている2s。全くの不要牌だが、南家はこの2sを手に留め、打西とした。

すると同巡、親がここのタイミングしかない!!とばかりに打。これをポンしてテンパイを果たした。

親はアガりたい状況であることは間違いないが、と同時に南家でダブ南で放銃すると3着落ちが確定してしまう。見え見えのバックでも何でも切る状況・・・とはいえ、放銃を嫌ってを切れずにいるケースはある。

それに対し南家の北、西の連続手出しは、明らかな「ノーテンアピール」だ。安全牌の連続手出しでは、その瞬間に張っているケースは非常にまれで、親の仕掛けに対して回った可能性すらある。「今なら南切っても刺さんないよ!」とアピールすることで、親の切りを引き出したのである。
この状況、親にしてみれば「そうだろそうだろ、もくろみ通りポンで済んだぜ」というところだろうが、南家からしても「へへっ、もくろみ通りポンできたぜ!」という感じだろう。2人で着順を争っているにも関わらず両者の利害が一致するという、ちょっとおもしろい状況になっているわけである。
結局この局は親のツモアガリで終わったが、南家の北、西連続手出しがなければ両者とも手が遅れ、3着目の西家にアガられていたかもしれない。ズバリ南家のファインプレーだ。

広告


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。