月別アーカイブ: 2018年2月

【天鳳強者の麻雀観】攻撃型にも2タイプある【過去掲載分】


広告



かのとつげき東北さんは、過去に「おれは守備型と言われることもあるが、最強クラスなら当然避けられる放銃を避けているだけ。攻撃型と自称する人達が攻撃型ではなく放銃型なだけだ」という旨のことを書いている。ベタオリの技術が今ほど進歩しておらず、またベタオリしようという意識も今よりもずっと薄い時代だったのだろうから、無駄な放銃が今よりもずっと多かったことは容易に想像できる。もちろん、強い人はちゃんとオリてたんだろうけど。

攻撃型と一口に言っても、その中でも2つのタイプがあると考えている。

①全局参加型

「自分が多くアガる」ことに重点を置き、相手のリーチが来ても簡単にオリないタイプ。とはいえ、もちろん押し返すためにそれなりの打点は作る。
天鳳の強者で言うと独歩さんや銀色いがぐりさん、iq180真剣様あたりが該当するだろうか。プロで言うと平賀聡彦プロや佐々木寿人プロのようなタイプだ。

このタイプは、ひたすら前のめりでスピード重視で打っている・・・というわけではない。全局自分がアガることを理想とする以上、先手を取られた時にも押し返せる形作りが重要になってくるし、危険牌の先切り、安全牌の持ち方といった部分は、このタイプの強者の生命線と言っても過言ではないだろう。また、形を崩さずに粘っていくこのタイプの打ち方は、白黒つけないというか、曖昧な、中庸な打牌が求められるため、相当の経験を積んでいないとなかなか真似するのは難しい。この道を極められれば相当強いことは間違いないが、中途半端に真似するよりは、1か0かでわかりやすく押し引きしていた方が成績は出やすいだろう。

19
これは銀色いがぐりさんの牌譜から。

1sを切るのは簡単だが、親に1sトイツ落としが入っており、対面も2sが早いため、あとあと1sが安牌になりやすい。後手を踏みそうな手では先切りしておき、押し返せる形を作っておく。

注目すべきは前巡、南をツモ切りしていることだ。前巡の時点では特に意識していないが、親のトイツ落としを見てスピード感を計っている。このあたりは感覚に拠るところだが、このあたりの精度がキモになってくる。

2
こちらはIq180真剣様の牌譜。
リーチがかかってもちょっとやそっとじゃオリないのがこのタイプ。愚形2つのイーシャンテンとなると結構厳しいが、現状安牌がなく(7mも宣言牌の筋)オリるのが困難なため、腹をくくって前に出る。

4
天鳳位・独歩さんの牌譜。微妙な手で形を崩さずに前に出て行くのがこのタイプの特徴だ。7mを切ることは簡単だが、そうすると次に3pや3mを引かない限り大体オリになる。それよりは、早い巡目につき形をキープしつつ、自分のアガリを消さない。

5
どうにもならないフリテンターツが出来て、ここで始めて中抜きの2s切りとした。普通の打ち手ならあと一、二歩早くオリに回っているんじゃないだろうか。

3
こちらも、巡目こそ深いものの通っていない牌が多く、親番のためワンチャンスの8m切り。こういった、非常に曖昧な判断が求められるため、なかなか真似するのが難しい。

広告


②勝負手作ってゴリ押し型

「高い手をアガる」ことに重点を置き、勝負手の時はガンガン押し、ダメな時は静かにオリるタイプ。
天鳳の強者で言うと罪歌さんやzeRoさん、いちはらさんあたりが代表格だろう。プロで言うと鈴木達也プロや瀬戸熊直樹プロあたりか。

こちらは、全局参加型よりは少し真似しやすいんじゃないかと思う。

ただ、このタイプの強者は、ひたすら打点を叩きにいきまくっているように見えて、牌譜を見ると結構臨機応変に、ササッとチーテンを取ってみたり、手牌に素直にまっすぐ進めていたりしている。そりゃそうだ、素点の比重がぶっ高いルールならともかく、完全順位制の場では打点一辺倒だけで勝てるほど甘くはないものだ。

また、勝負手が入ればゴリゴリに押すが、手がショボイ時の守備意識は非常に高い。このタイプの元祖といえば小島武夫プロ。小島プロは手作りばかりが注目されるが、実は非常に堅~い打ち手で、よく見ていると、同年代の誰よりも中抜きしまくってオリている。知ってました?

6
形で打つなら打6s。しかしタンピン変化や678三色の打点を見ると打2sだ。「周囲を突き放して大きく浮くチャンスを作る」という意識が高いため、形のロスが少なければ打点を作りに行く。

9
重戦車・いちはらさんの一打。この手で前に出るなら、メンタンピンかもしくはドラの南を使い切る手順。カン8pが埋まったところで戦う手にはなりづらいため、受けゴマの発を残して先にカンチャンを払う。

5
押し返しは、成功率もそうだが、成功した時のリターンの大きさを重く見て選択している。ドラを切ることは簡単だが、ワンパンチで決めに行く。

5
それでいてこういうところは非常にしっかりしている。ラス目の両面チーに即座に反応して抜き打ち。これができてこそ一流だ。


このように、「攻撃型」と一口で言っても、全局参加型と打点作ってゴリ押し型だと少し打牌選択が変わってくる。攻撃型の強者を目指すなら、参考にして欲しい。

広告


天鳳強者研究42:じーさーさん(九段)華麗なる門前守備型雀士!【過去掲載分】



今回取り上げるのは天鳳ID「じーさー」さん(九段)、協会の佐治敏哲プロだ。
かなり安定した成績の九段。あまり手牌を短くせず、門前進行の局が多い。形を決めずに柔軟な手組みをする。

↑ご覧のようにフーロ率、リーチ率とも低い。フーロ率.318というのは、はぐりん@さん、リツミサンほどではないが、かなりの低い部類に入るだろう。

そしてこの人の特徴は、何と言っても固いこと。相当鋼鉄な打ち筋。7個ほど牌譜を見たのだが、リーチに対してシャンテン押しをするシーンが一つも見られなかった。安全牌がなくても、前に出たい手牌になっても、テンパイまでは勇気を持って抜く。良い意味で非常に天鳳的な打ち筋で、これが安定感のある成績につながっているのかな、と思った。

広告


10_R
ダマ満貫のテンパイ。そっと7sを河に置いてのダマから・・・

11_R
次巡7mを引くと、1枚飛んでいるカン6mに受けてリーチ!

中筋になった、というのはリーチを後押しする判断材料の一つだが、もっと大きな要因は自分の河の薄さであろう。これだけヒントの少ない河ならば他家も手詰まりやすく、中筋6mの釣り出し効果が大きい。また12000の打点が確定することで、脇からの出アガリでもオーラスをトップ目で迎えられることも非常に大きな要素だろう。

24_R
上家とトップ争いしている局面。この7sをスルーする人、鳳凰卓に何人いるだろうか。リツミサンですら鳴きそうな気がする。それだけ、中途半端な手で前に出ないということを徹底しているのだ。中盤過ぎに中途半端に愚形テンパイして、どこかとめくり合いになる展開が嫌なのだろう。

1_R
南1局。供託1本落ちている局面。この8pも鳴く人がほとんどじゃないだろうか。だがこれもスルー。ラス目で巡目がまだ浅いため、メンタンピンまで欲張る構想だろうか。

17_R
基本はかなり門前寄りだが、だからといってサボっているわけではない。この3sはポン。1mを切っている以上、両面変化はもうないが・・・

18_R
ペン7mと心中せず、場況によって待ちを変えていけるのが単騎受けの魅力だ。4センチから9mの手出しで単騎コロコロが見え見えとはいえ、この2sは誰も使いきれない。えらいエグい待ちだ。

19_R
この手は門前で進めたところで何の魅力もない。それならば積極的に捌きに行く。678三色になるこの6pはド急所だ。ここさえ鳴ければ半分アガリは確約されたようなもの。

20_R
すぐさまテンパイ→出アガリ。こういう手で一局潰せるのはとても大きい。

21_R
かといって、当然こんなのは鳴くわけがない。3フーロであたふたする最悪な未来が容易に想像できる。この局はもう守備力を確保しながら進め、オリに回る局、ということで良いだろう。

4_R
これも鳴いて中バックのイーシャンテン。こういうのも鳴かない。12sがそれぞれ親、南家の安牌というのも考慮してだろうか。

6_R
でもこれは鳴く!リーヅモ三暗刻ドラ3裏1の8000オールのイーシャンテンではあるが、まあ大体リーチドラ1の手。それなら鳴いて中トイツ落としでタンヤオドラドラの動ける形にした方が、和了率がかなり高くなりそうだ。門前派の鋭いチーだ。

16_R
現状ラス目。タンピン三色まであるイーシャンテン。

・親の河がとても薄いこと
・現物が続かないこと
このあたりを考えて、目をつぶって3mを押す人が多そうだ。これは強者・弱者問わず。
ただ、じーさーさんの選択は唯一の現物を抜く打7s。この深い巡目から3m、6mと2筋勝負はスジが悪いと見たか。

22_R
今上家が8sポン、打8mとしたところ。地味ながら光る4s切りだ。対面の切った1sが通っていることと、3打目の5sに目をつける。
44588sの形から5s切りというのは考えづらいが、57788sから5s切った7sシャンポンは自然な手順。ここは4s切りだろう。

23_R
南3局、打点上昇が非常に大きい手のためリーチを打ちたいが、心を鬼にしてダマ。リーチをしてもラス率はかなり低いが、ダマで5800をアガったときにほぼラス回避が確定することが大きいだろう。お手本のような天鳳専用ダマという感じがする。もちろんリーチしても悪くはないだろう。

3_R
西1局の流局間際。

294持ちの親は恐らくテンパイなので、この局で終了するだろう。上家はノーテンの香りがする。自分は一人ノーテンさえ食らわなければラス回避だ。
ここで、上家の切った2sを安易に合わせ打ちしない。もし下家に鳴かれてテンパイを入れさせてしまったら、確定で45ptの損失、最悪の場合は210ptの損失(2着の+45ptとラスの-165pt)となる。放銃さえ避ければ2着で終われるというのなら2sを切るだけだが、今回はそういうわけでもない。次巡放銃する可能性を残してでも、ここは歯を食いしばって発を切らなければいけない。

5_R
ツモり四暗刻のイーシャンテンからの先切り。確かにここで切っておかないと間に合わなくなるギリギリのタイミングという気はするが、それでもこの6pを切るのはかなり勇気が要るところ。しかしじーさースタイルを貫く。

広告