「麻雀オタク」ってなんだろう




麻雀ランキング





※「鳳南研究所ウォッチ版」好評連載中です!

川村本の書評に「麻雀オタク向け、初心者は手を出すな」と書きながら思った。「麻雀初心者かつ麻雀オタク」もいるんじゃない?って。

初心者は川村本には手を出すな、と書いたものの、私自身は初心者のころ、六分儀ゲンドウさんの「初中級者のための麻雀何切る問題集」という、題名のわりにとてもとても初中級者向けではないブログを、目をキラキラさせながら読んでいた。なんだか良くわかんないけど、マニアックでおもしれえ!!って。雀力が弱い状態でこのブログを読んで、タメになったのか、と言われるとよくわからんけど。

そう考えると、必ずしも四六時中麻雀を打っている人が「麻雀オタク」というわけではなくて、初心者でも「麻雀オタクとしての素養」があれば「麻雀オタク」になりえるんだよなあ、と思う。「初心者かつ麻雀オタク」が川村本を読んで強くなるかどうかはまた別問題だけど。
フリーで毎日打ちまくっているおっちゃんなんかは「麻雀大好き人間」かも知れないけども、「麻雀オタク」ではない。多分、川村本は最後まで読めない。途中でイヤになって放り出す。
私は麻雀始めたばかりの頃から今まで「麻雀オタク」なので、川村本は読める。もしかすると、10年後は読めなくなってるかもしれないけど。


話は全然変わるのだが、中学生の頃、同学年に「竹田」という人気者のオタクがいた。私の母校は幸いにして?スクールカースト的なものがあまりない環境だったので、オタクもイケメンも関係なく、面白いヤツは人気者だった。
竹田は早口のオタク。その独特のしゃべり口が面白く、結構みんなに慕われていた。

そんな竹田が、ある日めっちゃ早口でこんなことを言っていた。

「オレはさあ、マニアって言われるのはいいんだよアニメとかのマニアだから!でもさあオタクって言われんのはちょっとなんか違うわけよ!オタクって言うとなんか根暗な感じするじゃん!まあ根暗なんだけどさあww違うのよちょっと!」

その時は何言ってるのかよくわからんかったけど、今になるとなんとなく言ってたことがわかるような気もする。
XX年前のあの頃はまだ「オタク」って言葉にはトゲがあったわけだが(ハートがナイーブな中学生ならなおさら)、今は「オタク」って言葉もすり減ってきて、トゲがなくなってきている。今の中学生のオタクは、「オタク」って呼ばれたらどう感じるんだろう。もちろんキャラにもよるんだろうけど、昔よりは素直に受け入れやすくなってるのかなあ。竹田の言ってたセリフの感覚は、わかるのかなあ。

↓だから何なんだよって人はクリック!

麻雀ランキング

広告



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。