天鳳強者研究23:タケオしゃん(天鳳位) 誰よりも基本に忠実な麻雀の教科書




麻雀ランキング

広告



23人目の強者研究は、天鳳位のタケオしゃん。

打ち筋はかなりオーソドックスで、他の天鳳位と比べ、驚くような一打を放つことは少ない。「名人に名手なし」という言葉がぴったり。ノーマーク爆牌党で言うと鬼押出さんだ。基本に忠実に、切るべき牌を切り、鳴くべき牌を鳴く。ミスは非常に少なく、丁寧な印象を受ける。

その中で特徴を挙げるとすれば、「ドラを大切にすること」だろうか。ドラを大切にする強者は多いが、タケオしゃんはその中でもかなり引っ張るタイプだ。ドラを重ねて、もしくはドラ単騎にしての満貫コースをつぶさないことを、かなり重視している印象がある。

手なりならドラの9sだが、1sを切ってドラを引っ張る。赤5mにくっつけてのメンタンピンドラ1と、中ポンの1000点コースの他に、ドラ引きの3900~満貫コースも残す。序盤の手組み段階で打点を固定しない。

そして3sのトイツ落とし。手なりで進めてもどうせ上家の仕掛けには間に合わなさそう。上家の仕掛けに見合う手を作るなら、速度を合わせるよりも打点で対抗だ。

安全牌候補の北、ドラの中を手にキープしつつ、赤固定の打6s。東が出たら・・・

ポンしてペンチャン払い。満貫コースの芽を潰さない。赤がなく、中を重ねても3900止まりの手なら仕掛けてないかもしれない。

仕掛けに対し後手を踏んだと感じたら、この手から甘い牌は一牌も打たない。無駄な放銃をしないことは強者の絶対条件だ。

8p,3p,4sとひたすら合わせ打ち。この局の目標は「何もしないこと」だ。

広告



これはナイスチー。ドラ1mを固定することで打点を満貫にし、全員の安牌である1mをトイツで持っておく。どうせ47pチー頼りの手だ。

ポンすれば白バックのイーシャンテン、ホンイツも見えるところだが、この9pはスルー。

ホンイツにするなら白を鳴く前提だが、9pから発進してしまうと白を鳴いた時の形の安定感が段違いだ。

白が出ないまま面前で仕上がり、メンホンで満貫のアガリ。9pポンは、こういうラッキーチャンスさえ潰してしまう。

これは良い一打。
つい1mに手がかかりそうなところだが、14m引きが完全イーシャンテンになるのに対し、46s引きは両面両面のイーシャンテンだ。また、裏目の6s引きでもタンヤオが付く。非常にリーズナブルな一打。名人に名手なし。

!?!?!?!?!?!?

字一色の5ブロックが揃っている。つのださん今日もお疲れ様です。

サラッと役満和了。上家が切った白もかすっている。危険が危ない。

親リーがかかっている局面。南2局のラス目で、是非あがりたいところ。きっつい局面だがここでの選択は・・・。

もちろん打8sだ。いくら加点したい局面とはいえ、両無筋の5mを切ってこのペン7sで親にぶつけるのは身投げとあまり変わらない。親がアガってくれれば、まだあと3局ある。3局のうち、どこかで跳満を一回ツモればいいのだ。ここで焦ってラスの決定打を打つのはナンセンスだ。

これは絶妙に難しい押し引きタイム。ツモスーのイーシャンテンにリーチを受けた局面。現物の9pを切れば、ほぼ次巡にテンパイするチートイのシャンテンに取れるが・・・?

ここは打8pでツモスーへ向かった。チートイテンパイしたところで、大して押せない。であれば8pトイツ落としつつツモスーテンパイを目指す。押せないテンパイよりも、そこそこ押せるイーシャンテンだ。これは面白い一打だと思った。赤が一枚あれば判断は変わるかも。


全体として、非常にオーソドックスながら、「なかなか打てない正着打」を積み重ねる。六段坂で苦しんでいる人などは、観戦するならタケオしゃんがイチオシだ。

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。