天鳳強者研究24:太くないおさん(天鳳位) 泥臭い和了とゲームメイクの達人




麻雀ランキング




24人目の強者研究は、天鳳位の太くないおさん。

打ち筋はまさに「デジタルの化身」。基本的に牌理に背かず、最速テンパイを目指し、後手でベタオリ。だが、もちろんそれだけで天鳳位になれるはずはない。太くないおさんの強みは、「人並みならぬアガリへの執着心」だ。人があがれない手でも、なんとかしてアガリをもぎとってやろうというのが伝わってくる。

また、ゲームメイクのうまさも光る。東場のうちからアシストに回ってみたり、押さえつけのリーチを打ってみたり・・・と、相手の嫌がることをわかっている感じがある。

それにしても太くないおさんの麻雀は泥臭い。「カッコ良さ」を排除し、自分の利益をひたすら追求している印象がある。医学生らしいが、そうとは思えない泥臭さだ。

対面の仕掛けに間に合っていない局面。この手でアガり切るには、もうここから発進するしかない!!チーして高目高目でしかアガれないシャンテンに取る。

そして僥倖のアガリを拾う。この2000点はなかなか拾えない。たかだか2000点だが、他家のアガリを阻止し、この加点のおかげで最終的に一着順上がるかもしれないのだから、一つのアガリを掬い取る事は大切だ。

満貫一個分のリードがある局面だが、愚形2600は誰よりも愚直に曲げ続ける。1枚切れカン7mは決して良い待ちではないが、ダマにして他からリーチ来たらオリるよりは、先に曲げてオリさせた方がマシ、という感覚だろう。もちろん、濃い河の親など、降りる保障なんて全然ないが。

手なり進行の局が非常に多いが、仕掛けに対し絶対に切れない牌(北)が出来た瞬間にチートイ固定。臨機応変に。

南1局、親リーがかかる。この宣言牌をポンして泥臭く形式テンパイを取りにいく。

ツモ番はあと3回で、現物2枚とノーチャンスの2pがあり、4mも中筋。どうしてもラス目の親リーに放銃、という最悪の事態が目に浮かびがちで、なかなか声が出ないところだが、リーチがかかった瞬間にしっかりと盤面を確認し、最適解を導き出す。

6mもポンしてテンパイ。ツモ番残り1巡で、最悪2pがある。2pはノーチャンスな上、親の第一打1pからほぼ通る牌と考えて良いだろう。

広告


ここは1pを切ってメンツ固定で、

4pを引いて振り替えし・・・

8sを引いて、今度はタンヤオ確定のヘッド固定の9s。一連の手順が美しいが、注目すべきは、ノーチャンス生牌の9sではなく、上家下家の現物、対面にもほぼ通る7sを残しているところ。天鳳位はこういうところがほんと丁寧。

イーペーコー完成のイーシャンテン。ここで切るべきは・・・

9sではなく6sだ。なるほど。

6sを残して5sを引いてもソーズ二度受けであまりうまみがない。それよりもここで6sを切っておくことで、後のペン7s待ちを強くする一打。すぐに14sを引けば、9s単騎リーチに行けるのも面白い。これは序盤にやってこそ活きそう。中盤以降だと効果は薄そうだ。

「5ブロック打法」について理解が浅いと、ここで4mに手がかかってしまう。ここで2pを切っておく事によって・・・

この6sツモで4mが活きる。「後々手が進んだ時に手広くなる牌を残す」とはつまりこういうことだ。

チートイドラドラのテンパイ。1枚切れの9s単騎はこの上なく強い待ちに見える。強すぎるためリーチと行ってもおかしくないところだが・・・。

上家のトイツ落としを見逃さない。上家の1枚目の9s手出しは、7sが3枚、8sが2枚切られた瞬間。トイツ落としの可能性が高いと読み、冷静なダマテンで2枚目を捕らえる。お見事。

南3局、僅差でやりづらい局面だが、ダブ南仕掛けに間に合わないとみて、ここから4sを合わせ始める。わかっていても体がなかなか打てない、つい白を切ってしまいそう。指が拒否しそうな一打。

4万点持ちのトップ目、待ちは1枚切れカン8sとイマイチだがリーチといった。点棒状況を良く見てほしい。僅差でラス目の親が、回線切れを起こしているのだ。(東2局からずっと)

親が回線切れということは、何もしないでも一局流れるわけだが、南家に下手に点棒を持たせると、次局オーラス、ラスの危険の少ない親番となりグイグイ来られて捲くられてもおかしくない。
しかしここでリーチをかければ、南家、西家はほぼ前に出て来れないだろう。放銃すれば即ラスが見えてくるのに対し、放っておけば回線切れの東家がラスになってくれるからだ。ここは押さえつけの効果が非常に高いと見てリーチといった。

東4局トップ目。全員仕掛けており、一人出遅れている局面。7s→5s切りで下家にアシスト。誰が何点の仕掛けか全然わからないが、親にアガられるよりは一局つぶせた方がいいだろう。東場のうちからアシストに回るというのはなかなか見ない選択だが、とても合理的に見える。


しばらく姿を消していた太くないおさんだが、現在は「藤井聡太」アカウントで鳳東を打っている模様。打っている、というか、鬼打ちしている。これは太くないおさんだけではなく天鳳位みんなそうだが、一度頂点に上り詰めてもまだ打ち続けるって、よっぽど天鳳が好きでたまんないんだろう。

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。