【天鳳戦術】鳴き手のカン判断は即座にしろ!!




麻雀ランキング




東1局。3mをポンして、白ドラ1のイーシャンテン。ここに4枚目の白を持ってきた。
暗カン、白切り、1m切りの選択だが、さてどうする?

ここはカンを保留して1m切り。この一打、自然なように見えてかなりの緩手だ。

広告


面前限定の手牌ならばまだ良い。しかしこのような鳴き手の場合、イーシャンテンの時点ですかさずカンをすることが大切だ。

このあと自力ツモでテンパイしたらそこでカンでも良いが、58p14sをチーしてテンパイした場合、テンパイから白を一枚切らなければいけなくなる。ドラも一枚あるこの手で、2000→3900の打点上昇が確定するカンができないのは痛すぎるだろう。

この手が例えば面前だったとき。

こんな手の時、白カンでドラが一枚乗れば鳴いても満貫のため、これもやっぱり即カンした方が良い。

逆に、

例えばこんな手。鳴き手のイーシャンテンながら愚形残り、ドラなし、守備力も白頼り、というような時。これなら、一度1mを切っておいて、自力ツモでテンパイした時だけ白カン、という選択でも良い。

最悪なのは、

こんな手で、白のカンを保留しつつ、2p切りという選択だ。この受け入れの少ない手で3pの受け入れを消しながら白を残して、ポンテンの時は白が出て行くというのでは、何が何だがわからないwカンを保留して出て行く牌が必要牌なら、その場でカンまたは白切りの2択だ。

 

カン判断は、地味に大事な部分だ。特にヤオ九牌の暗カンの場合は、テンパネでの実質1ハンアップが確定するのが大きく、ツモが1回増えるのも結構大きい。上家の打牌を下家がポンしてツモ番飛ばされたら「っざっけんな!!」ってなるわけだから、カンで一回ツモが増えるのも「ウェイ~~ww一個もうけ~~ww」くらいのテンションで喜ぶべきだ。

ここまで書きながらふと思ったけど、ポンチーした後の切り番ではカンできないのは麻雀のルールのかなり謎な部分だ。大ミンカンした後の切り番ではカンできるのに、何でポンチーのあとはカンできないんだろう。打牌に変な制限がない方が、色んな打牌が生まれて面白いと思うんだけどなー。

ところで・・・

先ほどの手が進み、テンパイしたこれの待ち取り問題。シャンポンにしてトイトイにするか両面に受けるか、どっちがいいだろうか。

満貫が跳満になるだけなら、トイトイに受けるよりも満貫に受けたほうが良いと思うが、今回はトイトイに受けるとツモって倍満だ(三暗刻が付く)。ならば、

・かなり目立っているので、出上がりよりもツモアガリが増えそうなこと

・目立っているとはいえ、西が良い待ちなこと

を考えると、シャンポンに受けた方が良いように思うがどうだろうか。

バッタに受けて、倍満のツモアガリ。やるぅー。

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告



関連記事


【天鳳戦術】鳴き手のカン判断は即座にしろ!!」への2件のフィードバック

    1. つよし 投稿作成者

      コメントありがとうございます!個人的にカン大好き人間なので、どのタイミングでもできればなーと思ってしまいます。
      それなら先にカンしとけって話なんですけどねw

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。