【天鳳】天鳳名人戦牌譜研究:石橋伸洋プロ(最高位戦) 「黒いデジタル」の生き様を見よ




麻雀ランキング

第一期から天鳳名人戦に連続出場している、石橋伸洋プロ(最高位戦)。AbemaTVの「RTDリーグ」なんかにも出場している。今回は石橋プロの天鳳名人戦の牌譜から、いくつか気になった場面を取り上げる。

「黒いデジタル」との異名を持つように、相手の読みをずらす打牌に注目が集まるが・・・実際のところかなり黒い。っていうか真っ黒。先切り、逆切りを多用しつつ、かといって手数でも劣らないので、対戦相手はとってもやりづらそうだなという印象を受ける。
小林剛プロのように仕掛けが多い印象を持っている方もいるかもしれないが、実際にはかなり高打点の手組みが目立つ。特に、手役に寄せた決め打ちが多く、テンパイ効率を上げるというよりはハマったときの上がりやすさを重視している印象を受ける。

広告


7sも8sも先切り。

7pを残して5s先切り。4mの横伸びは失われるが、7pにくっつけての5→5→4切りペン3sに照準を合わせる感じだろうか。ハマったときは強烈。

メンタンピンだが、8sが2枚飛び、9mが2人の安全牌なのを見て先切り。

この選択は面白かった。8sを切ればドラ受けが残るが、4sは残り一枚。上家がなんでもソーズを切る河ならば・・・。

5sツモ切り。そして次巡上家の切った赤5sを46でチーして打8s。先に打8sとしていると、この赤5sをチーできない。
残り一枚の4sツモの可能性と、上家が赤5sを掴む可能性は同じ。だが、上家が赤5sを切りあぐねていた場合には、自分が5sを切ったのを見て切ってくる可能性がある。となれば打5sか。確かになあ・・・。地味ながら黒くてデジタルな一打。麻雀小僧で、まー坊が黒5切ってテンパイ崩して赤5ポンしたやつ思い出した。漫画の世界。

 

地味かつ難しい選択を制し、2000オールのツモアガリ。




この5mは456でチーして食い延ばせるが・・・

スルー。食い延ばすと、せっかくホンイツがぼやけている自分の河が意味を為さなくなってしまい、ホンイツかイッツーが本線になってしまう。ここは勝負手だからこそグッとこらえてスルー

逆にバラバラからホンイツに向かう時には思いっきり自分の手をアピールする。

ASAPINさんの赤5s→3s切りリーチ。中抜く牌はあるが、さすがにこんな7sは刺さらないだろう。

と見せかけてドスンコ~!
これはASAPINさんの切り順が見事だった。

ここから打5s→1sを引いて3s切りリーチ。
先に12s5pを引ければペン7sの絶好リーチ、ペン7sが埋まったときには見え見えの1sシャンポンリーチ。しかし、待ちが見え見えになるのと待ちが絶好になるのが同確率だったとしても、待ちが絶好になるメリットは見え見えになるデメリットをはるかに凌駕する。見え見えの待ちになったとしても、他家からは他の無筋だって切れないため、普通のリーチと大差ない。対して、絶好の待ちになった時は単純にアガリやすくなるからだ。
さらにこの牌姿の場合絶好の待ちになる受け入れが7枚、見え見えになる受け入れが4枚。であれば、赤赤のこの手牌なら1sではなく5sを切り、絶好の待ちを作りにいった方が良いだろう。ピンズの場況がいいのも5s切りを後押しする。
石橋プロのお株を奪う、ASAPINさんの見事な黒いデジタルだった。

——————————————————————-

最高位や天鳳名人位を獲得しているものの、なんとなく地味なイメージが強い石橋プロ。今期の天鳳名人戦は、久しぶりの優勝なるか。

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告



関連記事


【天鳳】天鳳名人戦牌譜研究:石橋伸洋プロ(最高位戦) 「黒いデジタル」の生き様を見よ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【天鳳強者の麻雀観】地味に和了率に差が付く「強い待ち作り」の工夫 | 鳳南研究所(天鳳ブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。