【天鳳戦術】己のリーチ判断を見直せ!!鳳凰卓の悪癖「過剰なゲーム回し病」からの脱却




麻雀ランキング

鳳南を観戦していると、ちょくちょく「豆ダマ」を目撃する。1万点程度のリードを守りにいったり、少し沈んだラス目のリーチに対してなんとなくダマにしてしまったり、供託が2本出ていたり・・・というパターンだ。

しかし、東場のちょっとしたリードや、ちょっと供託リーチ棒が出てるくらいでは、リーチ判断はそう変わるものではない。リスクを過剰に恐れるあまり本当に得な選択を選べない、「過剰なゲーム回し病」は成績を悪化させる要因だ。




①東場にセーフティリードは存在しない

 

〈悪い例〉

東2局、42500点持ちのトップ目の親。2着とは15500点差のところ、高目ドラのピンフをダマに構えた。
「まあまあのリードあるし・・・」などと言っている場合ではない。この手は即座に曲げるべきだ。
15500点差?そんなもの、3000-6000や4000オールですぐにまくられてしまう。東場にセーフティリードなんてない。これをダマテンにするのは、「過剰なゲーム回し病」と言わざるを得ない。

 

〈良い例〉

これはASAPINさんのリーチ。南1局の多少余裕のある2着目で、待ちは愚形。供託と積み棒合わせて2200点だが、それでもなおリーチ。
ツモリ三暗刻はあるが、それすらあんまり関係ない。この程度のリードでは、リーチ優位は変わらないのだ。

②ラス落ちリスクを高く見積もりすぎるな

 

〈悪い例〉

東2局、前局満貫を打ったラス目のリーチがかかった一発目、現物の赤5sを切ってダマテンに構えた。これも一種の「過剰なゲーム回し病」だ。ちなみに8mは4枚見え。
ダマにするメリットはなんだろうか?オリられること?この手、ラス目相手だからといってオリることはない。どうせしばらくめくり合うのだから、その間にアガリ牌が切られてしまったら大損だ。
「ラス目のリーチに打ったらどうするんだ!」いやいや、ここで打ったところでまだどうにでもなる。そんなことよりもこの手を5800にしてしまう方が痛い。この手をダマにすると、連帯率が大幅ダウンするのはもちろん、ラス率すら上がりかねない。

ピンズの場況は良いが、対面のホンイツ仕掛けがテンパイ近そうなため、ダマテンを選択。これをリーチしなかったらいつリーチするのか。ソーズが余ってきていてもリーチする手じゃないのか。ドラが字牌だから?そんなの関係ない。そんなの関係なくなるくらいの威力がメンピンドラ1にはある。

〈良い例〉

ASAPINさんの牌譜から。東4局、自分が27000点持ちの2着目で、17000点持ちのラス目からリーチがかかっている局面。自分はピンフのみ、ついダマにしたくなるところだが、平場同様追いかけリーチ。
両面テンパイなら、めくり合ってそうそう酷いことにはならない。相手の手を潰すメリットも大きく、めくり合い上等だ。「東場1万点程度のリードは守るものではない、広げるものだ」って八崎さんも言ってたよ。多分。

これはASAPINさんの追いかけリーチ。南1局、平たいトップ目で、3着目のリーチに愚形で追いかけたくはないが、まっすぐにリーチと行った。他に切る牌もなく、ダマにするメリットがあまりない。仮に満貫放銃になったとしても、まだラス目までは満貫一個分くらいの点差がある。

同じくASAPINさん、親リーのかかっている南3局。ドラ3の手とはいえ待ちは1枚切れカン5pとかなり悪い。放銃すればラスも見えてくる局面だが、追っかけリーチといった。
十段のポイント配分でこのリーチ、天鳳なのに大丈夫か?と思われるかも知れないが、ちゃんとリスクとリターンを計った上でのリーチだ。
親のリーチにターツ選択の痕跡はなく、ドラも5枚見えているため、大したことないリーチの可能性も高い。最悪12000に打ってしまったとしてもまだ暫定3着目、ラス率は上がるがそれに対してアガった時はほぼ連帯確定。曲げたほうがプラスかどうかは微妙だが、少なくともそこまで悪いリーチではない。
ラスのマイナスの大きい天鳳では-リスクばかりに目を向けがちだが、曲げた時、曲げなかった時のプラスマイナスを比較することが大事。




③ちょっとした供託につられるな

〈悪い例〉

供託2本、本場が4本、合わせて3200点・・・その程度ではピンフドラドラの3メンチャンをダマにする理由にはならない。
ダマにして拾いにいこうが、リーチしてツモりに行こうが、3メンチャンなんてアガリ率に大差なし。3900+3200の7100点を上がったところで、まだまだ3人の泥沼の争いは続く。ツモって裏1でさっさとイチ抜けピ!するべし。供託につられてダマにするのは、ピンフのみのテンパイや、愚形テンパイの時くらいで良い。

 

④親リーチはかけるだけでも意味がある

 

〈悪い例〉

東1局、開局して5巡目。親のリーチのみカン2pの手をダマテンに構えたところ。

「愚形リーのみはダマ」という、どこかで聞いたようなフレーズを順守している場合ではない。即座に、直ちに、可及的速やかにリーチだ。次順ツモ切りリーチでもいいからリーチを打つべきだ。

親のリーチがかけられる大チャンス!それもカン2pという絶好の待ち。こんなところでヒヨっている場合じゃない。この順目でこれを曲げておけば、大体が悪い結果にはならない。早い親リーチにはみんなそうそう押せないのだ。これをダマったところで、子からリーチがかかってあたふたするのが関の山。親のカン28テンパイや19絡みのシャンポン辺りは、何も考えずに即座に曲げていこう。

〈良い例〉

これは好例、超インターネットさんの親リーチ。ツモ番はあと二回しかないが、うっかり2sをツモった時に1000オールでは寒すぎる。リーチ棒がもったいない?リーチ棒を出すことで他家がオリ、テンパイ料のもらいが増える可能性だって高い。リーチ棒の1000点以上のリターンがあるように見えませんか?強者は皆、加点に貪欲。


強者のリーチ判断は、かなりリーチ寄り。リーチする手は自然にリーチボタンを押すことが多い。特にピンフドラ1程度の手は、かなり悪い条件が揃わないとダマにしない。
麻雀自体がリーチ優位に出来ている以上、天鳳ルールだからといってリーチ優位は中々覆らないのだ。ピンフドラ1はツモ、一発裏を合わせて平均打点が6000点程度になる。その打点を放棄してまでダマテンにする理由があるのか、もう一度考えてみるべし。

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。