【天鳳・達人の一打】すずめクレイジーさん これぞ天鳳位!!神業の差込み選択




麻雀ランキング




すずめクレイジー天鳳位の牌譜から。
今回の牌譜はヤバイ。マジでヤバイ。天鳳の全てを凝縮したような一打。

オーラストップ目。下家のチャンタ仕掛けはドラの西を切っており、明らかな安手。一刻も早くゲーム終了させるため、アシストしている場面。

下家が北をポンして打東。さすがにテンパイだろう。親が来る前に差し込みたいが、ここで何を切るのがいいだろうか?じっくり考えてみて欲しい。




天鳳位の選択は打7p。この一打、当然適当に切っているわけじゃなく、とてもよく考えられた一打なのだ。何も考えていないと何となく9pに手がかかりそうなところだが、7pを選択した意図は何か。
なんとなく一番刺さりそうな9pは、6pが通っているため刺さるとしたら単騎またはシャンポンだが、どちらもほぼ否定される。

9p単騎

単騎テンパイとすると北をポンする前の下家の手が


となるわけだが、これなら2枚切れの東よりも、ツモ切りしている8mをくっつきの材料として手に留めるんじゃないだろうか。
9pと何かのシャンポン

ここの読みが恐ろしい。
これは場に出ている牌をよーく数えて見て欲しい。
シャンポンの相方の牌がないのだ。

は3枚見えておりシャンポンにはなりえず、は切られた際にポンしていない。シャンポン候補として残るは9mだけだが、これも9m9pのシャンポンになっているなら8mを残して東を切るはずなので否定される。

 

というわけで、9pが当たるパターンがほぼない。
残るはペン7pに刺さる7pとカン8pに刺さる8pの二択だが、下家の第2打6p切りに注目。

チャンタの決め打ちをするにしても、後者は6pを手に留めておくパターンが多く、前者の方が6pを切りやすい。後者であれば、5sの後に6pが出てくるのが自然だ。
となれば、ここで切るべきは7pとなる

簡単に書いてるけど、天鳳の制限時間以内でこんなに的確な一打打てますか?

7pを切った瞬間はなんで7pなのかよくわからなかったが、考えれば考えるほどに天鳳位のすごさに気づかされる。まさに神業、これしかない一打。これを一瞬で導き出す天鳳位の雀力なんなんだ一体。一生かなわねーよ。

7pは刺さらなかったものの次巡9sを持ってきて決着。天鳳位の雀力を見せつける、素晴らしい牌譜だった。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017091818gm-00a9-0000-306f5bc0 1位

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告



関連記事


【天鳳・達人の一打】すずめクレイジーさん これぞ天鳳位!!神業の差込み選択」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 今より天鳳の段位を上げるための6つのポイント:絶対に役立つおすすめ記事をまとめました | 鳳南研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。