【天鳳・達人の一打】sandirisさん(最高十段) 一撃終了の手の価値は




麻雀ランキング
天鳳は誰も30000点を越えなければ西入、サドンデスという特徴的なルールだ。昔の天鳳は北入もあったようななかったような気もする。うろ覚え。
この「サドンデス」というルールはあまり一般的ではなく、少なくとも東南戦のフリーでは見たことがない。

いわゆる東風戦のお店は、東4局終了時点で誰が○○点以上を越えていた時のみそこで終了するという「条件付き東南戦」であって、あれはあくまでも東南戦のお店だ。が、実際には終了条件は「25500点」など、それどう考えても南入させるつもりのないよねって設定になっている。風営法を遵守しつつ、効率的に卓を回すための仕組み「条件付き東南戦」。良い響きだぜw




話を元に戻して天鳳の話。30000点を越えてない時の打ち方についてだ。元十段で、鳳南4000戦で安定8.6段という鉄強、sandirisさんの牌譜から。

現在西2局。南家のsandirisさん。現在27500点持ちのトップ目で、30000点を越える条件は2600以上のアガリだ。白をポンして打2m。ドラ受けを引っ張り、役役ドラ1の3900で条件を作ることを目論む。

そして上家の4sもチーして打6m。西ではなく打6mだ。

そして発もポンしてなんと打8p!!ここまで来ればもうお分かりだろう。ホンイツで条件を満たしに行っているのだ。
ここで2000点上がったところで、次局は風任せ。それよりも、少し無理してでもこの局で終わらせに行く。

トップ目なのに守備力無視でこんな4センチになっていいの?と思われるかもしれない。
だがちょっと待ってほしい、手牌に守備力はないが、仕掛けを見せることが抑止力=守備力になっているのだ。名付けて北朝鮮打法これポンはテポドンならぬテポポンなのだ。(sandirisさん完全にすみません)

ブラフにも通じるところがあるが、こういった派手な仕掛けをすることで他家の手が止まる。
特にラスが痛い天鳳ならなおさらで、2600を打つとラス終了の東家、北家はもう何も切れなくなる。別にソーズ仕掛けとは限らないので、マンズ、ピンズだって切れない。
そうして終局巡目を遅らせておいて、その間に手を作って一撃で終わらせようというわけだ。
手牌は苦しいが、これを受けた相手はもっと苦しい。

他家が手をこまねいている間にスルッと満貫テンパイ。完全に目論見通り。
この手はあがれなかったが、経済支援テンパイ料をゲットし(下家との2人テンパイ)次局サラッと上がってトップ。惚れ惚れする麻雀だ。

広告



こちらは30000点越えているが、一撃終了を狙うか連荘に賭けるか、という話。
親番オーラスの2着目の親番。ラスは圏外で、トップ目とは4700点差だ。この手の目標はあくまで「1局でトップをまくって終了すること」だ。1500点や2000点を上がって続行したところで、次局もう一度アガる必要がある。

この手でまくり手をアガれる可能性 VS この手で軽くアガる確率×次局もアガる確率

この比較であれば、一局でまくれる未来がかすかにでも見えるなら、前者を選んだ方が良いことが多い。9pと8mをポンすればまくり手の完成だ。

9pポン。赤をツモればテンパネでトップだが、テンパイ外し。

6mと発の比較はすごい微妙なところでなんとも言えない。私は発切りそうだけどsandirisさんは6mを選択。

おっと発が重なりました。これでツモ直でOK。一撃まくり手を完成させてしまった。

 

理想を追ったからといって理想にたどり着けるとは限らないが、理想的な展開は理想を追う打ち手にしか訪れない。この手も上がれなかったが、ギリギリまで一撃終了のチャンスを伺う打ち筋は非常に参考になった。

牌譜:
http://tenhou.net/0/?log=2017100421gm-00a9-0000-296439d9 1位
http://tenhou.net/0/?log=2017100420gm-00a9-0000-910411c5 2位
http://tenhou.net/0/?log=2017100400gm-00a9-0000-6ecb5f5f 1位
http://tenhou.net/0/?log=2017100323gm-00a9-0000-e9228416 1位

↓役立ったらクリック!!

麻雀ランキング

広告



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。