天鳳強者研究⑰:あさぴん@mjさん(元十段) 天鳳の場に対応した状況判断!!




麻雀ランキング

あさぴん@mjさん。サンマの天鳳位だ。サンマ天鳳位になったあと、ヨンマの鳳南もがっつり打つようになり、九段と十段を行き来しているようだ。そんな鳳南の鉄強の牌譜から、サクッと。





これは基本的な牌理の部分。単騎リーチを見て北は残すとして、9mと8pどちらを切るべきか。


ここは8p切りが正解。9mは9m引きだけでなく、568m引きでもテンパイ。56mシャンポンはさすがにダマ、仮にカン8mも曲げないとしても、568m引きでテンパイに取れるかどうかで和了率に大分差がありそうな牌姿だ。


と言いながらも強者は当然7mをツモる。ここで8mを先にツモるのは、気合とか筋力とかそういう系のやつが足りてない。


ベタオリの局面。ノーチャンスの9pと東の比較。これは地味に難しい。
刺さった時に高いのは東だろう。しかし東には2枚切れるというメリットがある。9pを切っても次は東を切ることになりそうだ。
9pはノーチャンスの1枚切れ。さて・・・。
何を切るかの前に、トイメンがリーチしてきた時の状況を振り返ってみよう。

トイメンがリーチしてきた4巡目の場況はこうだ。

仮にトイメンが9pと何かのシャボになっているとしたら、799pから7pを切ってリーチと来たことになる。だが果たしてこの場況、トイメンは9pシャボとカン8pどちらを選ぶだろうか?
ピンズ上の場況が良く、9p一枚切れとなれば、片割れが役牌でもない限り、大体カン8pに受けるんじゃないだろうか。


あさぴんさんは9pを選択。結果として放縦となったが、東よりも9pの方が大分安全度が高いんじゃないだろうか。見ていてなるほどなと思った一局だった。


9pがドラなので36pの比較。どっち切る?


ここは6pを選択。2順前に上家に通っているというのもあるが、6pの見えている枚数を増やすとともに、自分の待ちになるところのまたぎを切っておくことにより、のちのペン7pでのアガリ率を上げる。


これが効いたのかどうかはわからないがサクッと3900和了。


ダンラスの南3局。オーラスは親番があるので、この局は特に条件なし。三色もあるがさすがにキツすぎるのでリーチ・・・。


と見せかけてテンパイ外し。三色コースへ。これは驚いた。
三色の形はできているとはいえ、9sと7mの両方を拾う必要があり、相当無理な三色作りなことは間違いない。

しかし、これはもしかすると天鳳でのみ有効な側面もあるかも知れない。このラス前と親番のオーラスで、他家の挙動がモロに変わってくるという話だ。

オーラスになってしまえば、全速力で自分のラス親を流しに来られることは目に見えている。
それならば、まだ他家が上位着順争いに色気も出したく、スピードMAXではないこのラス前のうちにムリヤリにでも打点を作り、次局の条件を多少なりとも楽にしたいということだろう。天鳳においては特に、ラス目が親のオーラスと、ラス目が子供のラス前とで、周りのスピード感がまるで違う。オーラスにスピードを落としたら即座にやられる。この局が、スピードを落として打点を追えるラストチャンスかもしれない。

これが正解と言うつもりはないし、正直なところ、疑問手ではある。本人もそう思っているかもしれない。
だがそれにしても、すげえな、天鳳の世界。まだまだ引き出し色々あるんだな、と思わされた。
面白い選択が色々見られたので、そのうちまた見てみたいと思う。

牌譜:
http://tenhou.net/0/?log=2017090813gm-00a9-0000-035c101d 2位
http://tenhou.net/0/?log=2017090716gm-00a9-0000-f975b591 1位
http://tenhou.net/0/?log=2017090716gm-00a9-0000-54a755f0 1位
http://tenhou.net/0/?log=2017090715gm-00a9-0000-c902d397 4位
http://tenhou.net/0/?log=2017090714gm-00a9-0000-df6eb6a2 1位
http://tenhou.net/0/?log=2017090711gm-00a9-0000-dec84a10 2位

↓役に立ったらクリック!!

麻雀ランキング




関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。