【天鳳】天鳳名人戦牌譜研究:小林剛プロ(麻将連合) 素晴らしい仕掛けの安定感!!





麻雀ランキング




今回は少し趣向を変えて。天鳳プレイヤーではないのだが、天鳳名人戦に第一期から出場し、第一期、第二期と連続優勝という実績を残している、麻将連合の小林剛プロの牌譜を研究する。

牌譜を見た印象。評判通り確かに仕掛けは多いのだが、安定感のある仕掛けが多い。
タンヤオ赤の両面3つのリャンシャンテン、くらいのところからの仕掛けが人よりも多く、アガリきれる形を作ってから仕掛け始めている印象がある。
遠めの仕掛けをする時は安牌を2枚持ちながらかなりスリムに進めていくのも特徴的だ。
そして何と言っても守備力の高さが光る。
競技麻雀の世界で相当実績のある小林プロだが、かなり天鳳に対応した打ち筋だ。


2段目に入り、3シャンテンの手牌。牌の並びはいいが少し出遅れている感はある。


ここからはあわてず騒がず6p切り。遅い手牌では無理をせず、安全な字牌を2枚くらい持って進めるのが目立つ。


首尾よく二つ鳴くことでき、1000点のテンパイ。ここからが小林プロの見せ場だ。


ど終盤でドラの2pを持ってきたところ。テンパイ料も欲しいところ。ここは周りの動向を今一度確認し・・・・。


グッとこらえてオリを選択。
下家の中嶋隼也プロ(大和田専務)、対面のコーラ下さいさんともオリているように見える。問題は親の多井プロだ。捨て牌がかなり濃く、赤5mも切ってきている。小林プロの仕掛けは6m先切りからの5mチーのため、マンズ二度受けパターンの25mはあまりなさそうなところだが、それでもこの巡目でノーテンからは打ちづらい牌だ。それを切ってきたということは・・・。


小林プロの現物で満貫テンパイだった。小林プロさすがの守備力だ。中嶋プロも今テン。小林プロに2sの手出しが入ったことから、99%通りそうな5mでフリテンのピンフ三色ではなく、2軒の現物の6mを切ってのテンパイ形。


その後の南3局。大きく沈んでいる局面だが、親番が残っているのでチーしてイーシャンテンとした。天鳳名人戦の出場選手でこれをチーするのはおそらく小林プロだけだろう。中盤のリャンシャンテンからはすかさず鳴いてシャンテン取る印象。


ギリギリ踏ん張って迎えたオーラス親番。先ほどとは打って変わってこの南はスルーだ。22000点差をまくるには、ここで2900を上がって連荘したところで大して効果はない。面前で満貫クラスの手作りをする。切り替えが素晴らしい。


目論見通り高目ツモで満貫のテンパイとなった。見習うべき一局だ。


ドラの東は1枚切れ。発をポンして東切り。どうせ東が重なっても3900止まりなら、ドラを先に切ってかわし手に専念。東を引っ張ると後々どんどん切りづらくなる。


トップ目。さすがにここからは仕掛けず。親番であればここはトップを決める手を作りたいところだ。





親リーとの攻防。今4mを引いてきたところ。1000点テンパイから9sは押したが、47mはド本命ゆえ打ち切れず。南を切って回る。


もう一枚4mを引いてきて再度テンパイ。7pも無筋だが、自分テンパイなら結構押し返していく。


そしてアガリ切ってしまう。この3000点の収入は大きい。強い。


逆切りも使う。油断できない。


これも遠い仕掛けにつき、非常にスリムに進行。役はつけておき、たまたまうまく上がれればラッキー。そうでなければオリの構え。


ヘッドレスの手牌。7m残しの68m引きよりも1p残しの2536p引きが非常に嬉しい。23m引いた時にも大したロスにはならない。ピンズを引いたらイッツーとチンイツ含みの打6sだ。


東1局の勝負手風味。この6mはスルーするのだが、


次に出た4sはポンテンを取った。ピンズが場に高く、6mチーしての36p待ちはかなりあがりづらいが、4sポンして前巡スルーした36mならかなりアガれそうなところだ。これは鋭い。

以上、安定感のある仕掛けが随所に見られる、中々面白い牌譜だった。特に安牌をふんだんに抱えながらの遠い鳴きは天鳳ではあまり見かけないが、かなり天鳳向きなんじゃないだろうか。

 

スーパーデジタル麻雀 近代麻雀戦術シリーズ / 小林剛 【本】

価格:1,404円
(2017/9/22 18:20時点)
感想(0件)


麻雀ランキング




関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。