天鳳強者研究⑭:すずめクレイジーさん(天鳳位)面前の打ち方のお手本!!







麻雀ランキング

以前から気になっていたすずめクレイジー天鳳位の牌譜を見てみる。
牌譜を見る前の印象は、ひたすら硬くオリに次ぐオリ、たまにブシュッとハネマンを上がってトップ!!みたいなイメージだったのだが、全然違う。
非常に守備力が高く放縦率が低い打ち手だが、実はこの人は全然オリない。とはいえ、押しているというわけでもない。ゼンツorベタオリという意識はあまりなく、常に回し打ちしているような打ち筋で、後手を踏んでもギリギリまで自分の和了を諦めない強さがある。柳のようにゆらゆら揺れて、相手のパンチををかわしつつにたまに強烈なパンチを繰り出してくる、まさに面前系の強者像の代表と言える打ち筋だ。それができうるのは、リーチを受ける前の手組みが、柔軟さと守備力と力強さを兼ね備えているからだ。




親の両面チーが入ったところ。ドラの白を切れるビジョンがなく、手牌も中張牌ばかりのため、ここで安全牌の西を温存して4m抜き打ち。ここで西を残せるどうかが後々の守備力に大きく関わってくる。ただし、すずめ天鳳位はただではオリない。

ここも8mも合わせ打ちでオリているように見えるが・・・。

下家リーチの一発目。ここで今通った3pではなく西を切る。何故か。
すずめクレイジー天鳳位は、まだチートイドラドラを諦めていない。1s、3sあたりは下家にも対面にも大分通りそうな牌なので、安易にベタオリせずぎりぎりまで自分のアガリを見るのだ。3pも、後からでも切れる牌だ。

 ここで切るべき牌は当然・・・

当然こうだ。チートイ決め打ち。この手はもうほぼメンツ手にならないので、メンツが完成していようがなんだろうが関係ない。チートイの「良い牌」を残すことだけが、この手の和了率を高くする選択だろう。

当然の牌を切って必然のツモアガリ。

これもチートイのシャンテン。チートイに決めるなら3p切りだが・・・

さすがにやりすぎか。順目もまだ浅く、ポンポンしていく満貫の道も残っているのでここは1pから。

首尾よくチートイドラドラテンパイ。ドラ単騎ならリーチに行きたくなるところだがここはダマに構えた。

理由は赤が一枚あるからだろう。ほぼツモ専となるドラ単騎の18000よりも、待ち頃の牌で9600リーチを打ちたいというところだろう。この牌譜ではすぐに2p単騎で4800の出アガリとなったが、上手く空切りできる牌を持ってくれば2p単騎で空切りリーチと行ったかもしれない。




こちらもドラを切ってもせいぜいタンヤオリーチが打てるくらいの手。中盤過ぎでこのくらいの手であれば守備力も残したいところなのでここでチートイに決め打ち!!これは、面前系のお手本のような一打だ。面前の強い人は、結構こういう牌を切る。

 面前ベースだが、3枚目の4sはチーして3900の両面テンパイを取る。

南2局で2着目。現状点数は
親    :22200
南    :4500
西(自分):35100
北    ;36200
というところ。ラスはほぼなさそうだが、親のアガリ方によっては3着落ちもある局面。掴んだのはドラの9s。ここをどう凌ぎきるか!?

オリるなら2pがあるが、なんと2s切りの回し打ちを選択。親にはほぼ通り、上家リーチは非常に河が薄い上、リーチ前の手出しが4s→9m→4m。ソーズは完成していることが多そうだ。つい2pを抜いてしまいそうだが、ここで2pを抜いたとしても次巡2sに手がかかりそうだ。

首尾よく8pが鳴けて・・・

なんと満貫を上がりきってしまった。このアガリをもぎ取れるの、マジで凄くないですか!?ねえねえまじで凄くないですか!?こんなの見たらマジで一生かなわない気がしちゃうんだが???ロンです満強位!

 

ドラがなく、実りのない手。発や白は2枚飛びの安全牌。とはいえ、東アンコで安牌は足りていて、1s切るとターツ不足となってしまう。

次巡も1pを切ってカンチャンターツを壊す。お分かりいただけるだろうか。これはアレの決め打ちだ。アレとは・・・

流し満貫です。あのドラのない手が満貫になっちゃうんですよコレ。2枚切れの字牌は鳴かれることはないが、19牌は、終盤に切ると無理やりチーされる可能性がある。中盤で1s1pを落としていなければこの満貫は成就していなかったかも知れない。

トップ争いの現状2着目。ドラ4テンパイ。巡目が深いこともあり9m単騎リーチに行きたくてたまらない局面だが、ダマにした。映画見ましたはい即リー、じゃダメってポトミちゃんも言ってた。

さらに順目が進んでもうこれ以上待てるか、とツモ切りリーチ。強者はツモ切りリーチを厭わない。(参照記事:【強者の麻雀観】ツモ切りリーチはどんどん打て!!

他の強者達に比べると少し特殊な打ち方だが、面前系の代表という感じだ。「リツミサン」あたりも近いものがある。真似するのは中々大変だが、一番麻雀が楽しく打てる打ち方でもある(と個人的には思っている)ので、面前系で強くなりたいなら是非参考にしてみて欲しい。
それにしてもこの人、2014年に天鳳位になってからも、毎月数十戦天鳳を打ち続けてる。「すずめクレイジー」と言うだけあって、本当に麻雀好きなんだろうな。いいことだ。

ちなみに私がノーマーク爆牌党で一番好きなシーンは、鎌板地が鉄壁に「バカじゃねーの」って3回くらい言ってポトミちゃんに追い出されるシーンです。

↓ランキングのクリックお願いします!

麻雀ランキング




関連記事


天鳳強者研究⑭:すずめクレイジーさん(天鳳位)面前の打ち方のお手本!!」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 【天鳳】鳳凰卓強者研究⑭:すずめクレイジーさん(天鳳位)面前の打ち方のお手本!! 後編 | 鳳南研究所

  2. ピンバック: 【強者の麻雀観】僥倖のアガリを拾うことの大切さ | 鳳南研究所

  3. ピンバック: 【天鳳】鳳南強者研究⑱:はぐりん@さん(九段) 天鳳に対応した面前型の鋭い麻雀!! | 鳳南研究所

  4. ピンバック: 【天鳳】鳳凰卓強者研究⑱:はぐりん@さん(九段) 天鳳に対応した面前型の鋭い麻雀!! | 鳳南研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。