【天鳳戦術】アガリトップ小技いろいろ




麻雀ランキング




①チーの晒し方


オーラス微差の上がりトップ3巡目。上家から切られる5s。もちろん三色に向かって絵合わせしていくわけだが、345、456のどちらで鳴くべきだろうか。

 

 

正解→456で晒す。
345で晒した時と456で晒した時の違いは、もう1フーロ入ったときに出てくる。次に例えばカン2sを鳴いたときに、他家からどう見えるか。

●456で晒したとき

●345で晒したとき

どうだろう。456で晒した方は、ソーズのイッツーに見えるんじゃないだろうか。これであれば3フーロ目にカン2pをチーしたときでも、

三色なのかイッツーなのかまるでわからない。これが最初に345で晒していると123mが圧倒的にケアされるのは目に見えているだろう。

 

②切り順

同じくオーラス微差の上がりトップ3巡目。今1sをチーしたところ。役は三色。北は役牌、西はオタ風。何を切るか。

 

正解→西切り。
これは安易に1mを切ってはいけない。1mを切ってしまうと2mをチーしたときに1m先切りしてカン2m固定した形跡が捨て牌に残ってしまい、役が限られてしまう。

同じ形の2フーロでも、1m先切りされているだけで大分印象が違う。役牌バックも、役牌暗刻も、チャンタも、果てはイッツーも否定されてしまい、他家に相当やりやすくさせてしまう。2mチー出しの1mであれば自然な手順で、手牌が透けることはない。

 

③食い延ばしフェイク

現在上がりトップ聴牌を果たしているところ。ここから鳴く牌はあるだろうか。

 

正解→25pはチーして8p切り

多分何を言っているのかわからないと思う。
ここで25pをチーして8pを切った時の他家からの見え方を考えてみよう。

ある程度の実力がある方なら、これはあの待ちに見えるんじゃないだろうか。

あ、34568pから2pチーしての47pだ!!

47pだと思ってもらえれば当然マンズのケアは弱くなる。これは対局者の力量を見てやるのが吉だ。

↓応援クリックお願いします!

麻雀ランキング




 

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。