天鳳強者研究④:一蓮峻潤さん(元十段) フリー強者の集大成!!




麻雀ランキング

第4回は一蓮峻潤さんです。元十段で、過去には天鳳位昇段戦までたどり着いた方。大体夜の鳳南はこの人が支配している。

牌譜を見た印象。スピードは追わず、多少遅くなっても打点に寄せていく。他家の安い仕掛けは大体無視して、リーチにも通りそうなところを切って粘って、アガリをもぎ取る。アガリまで行かないにしても流局間際には大体シャンテンになってる。天鳳というよりフリーっぽい打ち筋なんだけどもちろんラス回避の勘所は外さない。一局の大局観、半荘の大局観、どちらも非常に優れている。そんな感じの打ち手。




6

現状2着目、ラス目からのリーチの一発目だが、当然唯一の現物7sなど抜かずにまっすぐ進んでいく。

29

2シャンテンだが、現物の一枚もない手。安易に3sなど抜かずにまっすぐ8p切り。まあまあの手でオリきれる見込みもない局面では、中抜きなど一切しない。強者は大体8pを切っている気がする。

 

31

ラス前、親番5順目。下家のリーチの一発目。刺されば大いにラス率UPだが5sを切ってぶん曲げる。これをダマにしてしまうと典型的な地蔵三着型になる。

7

ラスとは離れた南2北家。この手はまっすぐには進めず、

8

この1pはスルー。ゴミ手で前に出ず、うっかりの面前での高打点の目のみ残して後は堅く打つ。

17

ラス目南2局。1000点でもあがって上家との点差を少しでも縮めに行く打ち手が大半だと思うが(私も絶対鳴いちゃう)、これをスルー。うっかりの中ツモ、チートイでこの局でまくることを画策する。

18

親リーにあがられても全く問題のない局面だが、1枚飛びの東くらいは切って粘る。ラス目にはそうそうチャンスが巡ってこない鳳南、ラス目の時は少しでもチャンスがあれば狙っていく。

19

ここでギブアップ。

20

したわけではなく差を詰めるチャンスは逃さない。聴牌料も大きいので、タンヤオで聴牌すれば1sくらいは切るんだろう。

21

さっきの中をスルーするくらいなので、当然こんな7pは切って、ラス目の時は一局でまくりにいく。

22

下家は聴牌濃厚。上家も聴牌していてなんらおかしくない状況。放縦したら致命傷になりかねない4pだが、ラス目につきまっすぐ押す。中途半端にマンズなどきっている場合ではない。

23

1500は2100の価値はまあまあ大きそうだが、放縦は致命傷。全力中バックにはしない。これをチーする強者も多そうだ。
2

東3局、今7pをチーしたところ。1pをホールドして6sを切るのはまあ普通といえば普通なのだが、

3

この9pもホールドして2シャンテン戻し。
誤解を恐れずに言えば、1,2巡目ならともかく、6順目のこの手牌での9p残しは打ち手は鳳南の負け組が打つ一打に見える。鳳南一の打撃系雀士【罪歌】さんでもシャンテンに取るところではないだろうか。しかし鳳南最強とも目されるこの方は9pを残して打点を作りに行く勝ち方をしにいく。中途半端な愚形の1000点で戦うよりも、満貫の3シャンテンで降りるか、満貫テンパイでぶつけるかの二極化を選ぶのだ。
どうせ1000点で聴牌したところですぐ降りることになりそうなこの手、状況。打点を作ってビッグチャンスだけを狙いにいく。よくよく考えていくと悪くない選択に思えてくる。

4

この手牌も早々にトイツを固定してトイトイ決め打ち。役牌は重なれば強いし、後々1.2枚切られた後の安全牌候補にもなる。打点重視型強者の手組みはいつも押し返しやすさとセットだ。安全牌を持つのは守備力を高めるためではなく、後手を踏んだあとの戦いやすさ、自分のアガリのための安全牌だ。

5

こうして後ろからゆっくり攻めていく。
34

少しリードしている局面、当然もろひカン8sリーチなど打たない。祝儀比率の高い場ですら、この場況でのカン8sリーチは大分損に思える。普段はゴリ押しでもラス回避の大悪手は絶対に打たない。

35

これはペンチャンを払って筋で浮いているドラを両方キープ。この親で安手をあがってもしょうがないのでこれがベストチョイスだろう。

36

南2局、トップ目でラス目のリーチを受けたところ。ドラまたぎの9s、7pと押していく。

オリ切ることは簡単な手だが、無筋の本数が多すぎるし、自分は両面テンパイ。もし放縦したとしても、

・戦闘モードの親の手を潰せる

・2,3,4着目が混戦になり、ラス前、オーラスが速攻の場になる(=トップをまくられにくくなる)

という大きなメリットがあるため、放縦のリスク自体が小さい局面だと言える。弱気な時だとついついオリてしまいたくなりがちだが、ここは東パツに普通の河のリーチを受けた時よりも、大分押しやすい局面なのではないか。

 

38

ラス目でリーチと仕掛けを受けている局面。中筋の4pは押している親の47pに刺さりうる。ここでは無理をせず完全アンパイの打9s(当然完全にオリるわけではない)。なかなか着実ないい一打だ。

9

ラス前。トップ取りの勝負手なのでアンパイの中を切って8sはちゃんとホールド。369s引きの最強シャンテンを逃さない。

10

後手に回らされている感があるが、これはチーして4pトイツ落し。よくわからない仕掛けに翻弄されない。

11

大分上がれなさそうになってきたが、周りのよくわからない仕掛けは見ずに将来の自分の高打点だけを見る。

12

面前でもスピードは落としてうっかりうまくいった時の打点を作る。

24

これもラス争いの局面。一応打点もあるにはあるが、親の仕掛けにいち早く反応して1sを抜く。2900など打っている場合ではない。なんとなく手を進めて親に打ってしまう人が多い中で(私もそう)、いつもゼンツしているように見えるこの人は真っ先にオリ。この攻守の切り替えこそ強者たる所以だ。さっきまでよくわからない仕掛けにバンバン押していた人がこれをあっさり降りられてしまう。そんな人が強くないわけがない。

25

これは染めても2000点から上手くいって3900なので染めない。

26

と見せかけてすぐに中が重なったのですぐさま方向転換。一瞬で意識を切り替える。

27

カンチャン残りの打点のない手。この中はスルー。これはもうシステムとして組み込まれているところだろう。

28

2sが重なって大分戦いやすくなったのでポン。

32

さてここでは何を切るだろう。

33

どうせ赤かドラが一枚出て行く手。目の前の好形枚数を重視して6pを切るかと思ったが、この打8sはどうだろうか。

打6p・・・聴牌15枚、好形聴牌8枚

打6s・・・聴牌18枚、好形聴牌4枚

打8s・・・聴牌16枚、好形聴牌4枚

受け入れMAXの打6sは変化が非常に乏しくなるため悪手だが、6pとの比較だと、好形枚数で6p切りが良く見える。6p引きのハネ確まで見た8s切りだろうか。

39

これが見ていた中で一番いいなと思った一打。つい6m切りの3900のシャンテンにとってしまいそうなところだが、リャンシャンテンに戻す打2p。もちろん多少速度は落ちるのだが、チャリンコかスケボーかくらいのスピード差しかないだろう。6m切った後の57m8p4sツモの台無し感、そしてチーできる3445sの強さ。実は和了率、放縦率、打点の全てにおいて、ピンズのペンチャン落しが6m切りに勝るのではないか。お見事。

最後の一打が本当にいい一打だなあ。

↓応援クリックお願いします!

麻雀ランキング




 

関連記事


天鳳強者研究④:一蓮峻潤さん(元十段) フリー強者の集大成!!」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 【強者の麻雀観】天鳳の東南戦でトップ率を上げるための3つの心構え | 鳳南研究所

  2. ピンバック: 【天鳳・達人の一打】shoot39(一蓮峻潤)さん ラス回避率を高める、流局間際のファインプレー | 鳳南研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。