天鳳強者研究③:ニャッピー夏目さん(十段) ラス回避のお手本麻雀




麻雀ランキング

第3回は現十段のニャッピー夏目さん。以前にも十段に到達されていたようなので二度目の十段だ。
この人の打ち筋は一言で言えば「リスクを最小限にして」「バットを短く持つ」打ち方である。守備の意識が高く、手をあまり短くしない。かなり好形にこだわり、愚形リーチはほとんどかけないし、愚形を嫌う手組みをする。手数自体が少なく、それでいて高打点を作っていくタイプでもない。これだけ聞くと一見ラス回避だけしつつの地蔵3着型になりそうなものなのだが、着順分布は
「258-258-259-225」
と、ラスだけを回避しているような格好になっている。なぜか。
牌譜を見ていくうちに気づいた。この方は、もともと堅いタイプな上に「ラスに厳しく」をかなり意識して打っている。その結果、目なしに近いラス目ができやすくなり、オーラスやラス前でラスの恐れのない上位争いがしやすくなるため、連帯に繋がっていくのではないか(これはただの仮説だし、本人がどういった意識で打っているのかはわからないが)。
「ラス目に厳しく」「リスクを少なく」しょっちゅう言われているこのフレーズ、ラス率を下げるためだけのものだと思っていたが、実は連帯、トップを取るための方策としても(特に天鳳という特殊な場においては)有効な戦術なのかも知れない。





1

南場の親。三人競りの三着目。一枚切れの東を残して生牌の発から。「リスク最小限」をモットーに。

2

上家は6mチー打4m、8p9mと手出し。この手からは慎重に。

3

4pは4枚見え、今9pが通ったところ。14p1sがほぼ枯れているので自分の手だけ見れば4pだが、6pがほぼ通るこの瞬間に切っておきたいということだろう。

4

たどり着いたこのテンパイはダマ。ここで決めに行く手もあるが、基本的に大振りはしない。バットを短く持ってサクッとセンター前ヒットを打ちに行く。

5

このあたりも後のリスクを重めに見て+57s縦引きの好形を求めてドラ表の3m切り。これは文句なしの一打だ。

17

東4、ラス目で点棒がほしい局面。8mを切ってメンタンピン移行を見るかと思ったが、受け入れMAX。大振りせざるを得ない局面が来るまではバットを短く持つ。かなり愚形リーのみになりそうな手組みだが、周りが逆らいづらいラス目リーチを早く打ちたいという意識があるのだろう。

16

ゴミ手からドラは離さない。これはバットうんぬんではなく基本だ。

30

完全先制のリーのみカン2pだがダマにする。

31

3pを引いたところでリーチ。愚形リーチは相当打たないタイプだ。

6

下位3人競りの南1。親でテンパイするもリーチを受けた局面。アンパイも1枚だけなのでさすがに押していくが、三色になる両無筋5sではなく8sを押す。バットは短く、大怪我はなるべく避ける。

 

8

まだ競りの南2局。打点も速度もない手。ドラを1ターツ想定した漢5ブロック打法。ゴミ手で中途半端に前に出ることは避け、前に出られる状況になった時だけ前に出ようという意識が伺える。焦らない。

9

オーラスアガリラス回避の状況。南バックだがここでは7m切りのMAXに受けない。アガりたいが放縦も避けたい局面のため、後々の自由度を買う感じだろうか。

10

これは東2局。煮詰まりつつある局面で、安手で手を縮めたくはないが、手の内はどうせ危険牌ばかりなのでチーしてイーシャンテン。交わしに行った。

11

テンパイは果たしたもののアガリまでは結びつかず。

12

基本的にあまりリスクは冒さないが、上家が今通った9pを手出ししてきたのを見て一転攻勢。鳳南の脅し仕掛けには屈しない。

 

 

15

ダブルバックテンパイにリーチを受けた局面。カンも入っていて、押したくもありオリたくもある状況。下家の仕掛けが強烈にバック臭がするので字も切れず、何も切れないのでまっすぐという感じだろうか。あまりこういった「選択肢のない」状態には陥らないのだが、この時ばかりは苦しそうに流局まで押していた。

18

メンピンより8pチーの満貫シャンテンも大いにあるところだが、4p3枚飛びのためスルー。

21

ドラが一枚浮いている。アンパイを抱えてチートイツに決め打ち。

22

仕掛けが入り、北をキープしたまま今通った6mを切ってしっかりオリるのだが、

23

ここでは7sを合わせず3枚持ちの北切り。ラス目の下家にケイテンを取らせない。しっかりしている。

 

25

これがニャッピー夏目さんの真骨頂。ドラ4の勝負手だが、ラス目の親に甘い牌をおろさずリャンシャンテン戻し。

29

東パツ、ダマ満貫テンパイ。47pはあまりこぼれそうな牌でもないので、リーチするかと思ったがダマを選択。うっかり誰かが飛び込んでラスになるのを待つ。ラス目が出来てから上位争い開始するのがニャッピー流。

 

32

カン2sはチーしてバックに受けたが、この4mはスルー。いいバランスだと思う。

33

微差のトップ目。白はアンカンせずに一枚外す。安易にオリきれない局面にはしない。

34

そして交わし手へ。ヘッドがないこの手、4pをスルーする手もあるが、リスクの少ないこの手なら確かに単騎でもよしでチーの一手だ。

35

うまく交わして一局消化。一連の手順が美しい。

36

生牌の中を切って全員にアンパイの2pを残す。このあたりは当然の一打といったところか。

37

よほどの状況でもない限り、このカン6pではリーチを打たないようだ。

38

ツモればトイメンを飛ばして2着確定の局面だが、ここでもカンチャンを先に外す。この時点では、食いタンも大いに見ているものと思われる。

39

トイメンが8pを切っているのを見てダマに構える。

40

そしてこの8pを見逃し。58pは他家からはかなり使いづらい牌に見える。下家からだけはあがらないつもりのようだ。

41

最後に。ダブ東ポンが入っているこの状況。ここまでの打牌を踏まえたうえで、ニャッピーさんは何を切ってどうするだろうか。

 

 

20

答えは当然3面チャンでリーチ。カン7sにしたりダマにしたりはしない。いくらリスクを減らすと言ってもこの手は3面チャンで曲げないと麻雀にならない。

ここまで見てきてわかるとおり、この方は相当天鳳寄りの打ち筋だ。この打ち筋で天鳳位まで上り詰めてもらいたい。

↓応援クリックお願いします!

麻雀ランキング




 

関連記事


天鳳強者研究③:ニャッピー夏目さん(十段) ラス回避のお手本麻雀」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 【天鳳】鳳南強者研究⑩:おかもとさん(天鳳位) | 鳳南研究所

  2. ピンバック: 【達人の一打】大和田頭取(十段) ラス回避の達人の鋭い読み!鬼のドラ切り | 鳳南研究所

  3. ピンバック: 【天鳳】秋田のにんにくさん VS ニャッピー夏目さん 十段と元十段の高度な駆け引きを見よ! | 鳳南研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。